2019年11月01日

秋休み

秋休みがある高校もあるんですね。4日ほどですが、良いですね。その代わり宿題もたくさん出ているようです。
私が大学のときも試験が終わって秋休みというのが2週間くらいあったような気がします。あの時はよてものんびりしていた時代です。あの頃は人生に対する責任は何もなく、今振り返ると人生で一番楽しかったような気がします。
今は大学も随分様変わりしました。今の学生は当時と比べるとまじめに勉強しているようです。将来のことをよく考えているように思います。
今でも私は、試験に落ちて苦しんでいる夢を時々見ます。あの頃は随分怠けましたから……。
posted by スパブ at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校

2019年10月03日

定期試験対策と記述模試対策

10月に入ってもまだ暑いですね。辛いですね。
向陽が定期試験終わりました。向陽生は今日は早くに来てくれていました。
まだ桐蔭や私立高校の多くは試験が終わっていません。まだしばらくテスト勉強をしていきます。
予備校生は記述模試が15日にありますのでそれを意識して頑張っています。テストを多く入れて復習してもらっています。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校

2019年09月04日

熱中症に注意

今日、向陽高校は体育祭でしたが、熱中症の生徒が多く出て午前で中止になったようです。
スパブに現役生が早くから来ていた理由がわかりました。昼までだったのですね。
9月になりましたが、まだまだ気温は真夏並みです。真夏に運動会をするようなものです。熱中症にもなるでしょう。注意しください。
昔は、体育祭はもっと秋が深まったころだったような気がします。

posted by スパブ at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校

2019年07月20日

数学の参考書

夏休みに入って現役生は数学の宿題に時間を費やしています。向陽も桐蔭生も黒色の「ゴールドフォーカス」という問題集を使っています。
数学の問題集と言えば「チャート式」、高校数学の参考書と言えば先ず「チャート」が出てきます。私も高校時代から世話になっています。大学受験の経験のある人ならほとんどの人がこの参考書を知っているはずです。しかし、最近、参考書採択に際して異変が起きています。
向陽と桐蔭が「ゴールドフォーカス」という参考書に変更になりました。桐蔭は随分と前から(少なくとも5〜6年前くらいからと思いますが)もうすでに変更されていたようです。これに呼応するかのように最近、向陽もそれに追随して変更になりました。
ゴールドフォーカス」変更の理由は何なののでしょうか?もうかれこれ半世紀以上使用してきた参考を別の参考書に変えるといった動きは大きなことです。もちろん何かメリットがあってのことです。
変更理由として内容的なものが優れているから。金額的な面で安いから。それとも採用に際しての何かの有利な働きかけがあったりしたのだろうか?色々と勝手な想像をしてみたりしています。
高校の教師に知り合いがいれば聞いてみたいところなのですが。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校

2019年07月12日

夏休の期間

もうすぐ夏休みです。夏休みの期間は公立高校によって随分と違っているようです。私立は休みが短いのは当たり前ですが、どの高校も休みの期間は横並びのようです。私立には勉強合宿なるものがある学校もあるようです。
予備校生によると2か月近くの休みがある高校もあるようです。にわかに信じがたいのですが、7月の20日ころから始まって9月の初めのころまで休みの高校があるらしいです。その間、補習なんかも行われているようですが、ほとんど形骸化されているようです。

向陽は7月20日ころから8月の20日くらいまでです。クラブ活動も熱心ですから向陽の先生は夏休み随分しんどいかも知れませんね。
夏休みの期間が私立高校が一律横並びで一方、公立高校が横並びでないようです。普通、逆のような気がします。面白いですね。
posted by スパブ at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校

2019年06月14日

修学旅行

開智高校の生徒さんが修学旅行に行ってきました。
北海道は一般的に梅雨がないのでこの時期の旅行にはうってつけなのでしょうか?羨ましいです。北海道はもう20年ほど前にスキーに行ったきりです。
楽しんできたようです。定番の「白い恋人」をお土産にいただきました。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校

2019年06月07日

大雨警報

今日は大変な天気になりました。
高校生は大雨のなか学校に行ったのに10時頃に警報が出て帰らされたようです。行くだけ無駄だったようです。もう少し早く警報が出ていれば良かったですね。残念でした。
予備校生は昼までで帰ってもらいました。有田、箕島から来てくれている生徒もいますので紀勢線が止まったら大変なことになります。
公立高校生は基本休みにしました。しかし、私立生は授業があったようなので授業をしています。やってますので来てくださいよ。夕方から警報も解除されて公立高校生もきています。
公立高校生は学校から帰らされているのに塾に来いとは言えません。振替えは月、火、水の時間で都合の良い時間い来てください。対応します。
続きを読む
posted by スパブ at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校

2018年09月12日

文化祭・体育祭

現役生は文化祭関係の遅れが目立ちます。この時期、仕方のないことですね。
向陽は明日体育祭のようですね。桐蔭と星林はこれから文化祭です。
予備校生はマーク模試中心の勉強になっていますが、明日は数Vもやります。理系生は忙しいですが、頑張ってくれています。
posted by スパブ at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校

2018年08月27日

始業式

今日から公立高校も始まりました。現役生はこの夏休み、宿題が忙しかった人は宿題の方に力を入れていました。受験生は英語、数学を中心に受験勉強に取り組んでいました。この夏の頑張りがこれから効いてくると思います。秋からも一層頑張りましょう。
掃除も終わって予備校生は今、数学の試験に取り組んでいます。数列です。センター試験対策の宿題も出しています。きめ細かく対応していきたいと思います。
明日は化学基礎の試験です。これで化学基礎はすべての範囲も終わり、試験も終わりました。後はしっかり演習中心の勉強をしてもらいます。センター試験まで余裕ですね。
生物基礎の方はまだ終わっていません。覚えることが多いのと問題数が多いのでこつこつとやっていきます。
続きを読む
posted by スパブ at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校

2018年07月20日

終業式

公立高校は今日が終業式です。早くから来てくれるので夏は比較的早く終わることができます。
現役生は今日、4時から始めることができました。桐蔭をはじめ進学校は2年生まではものすごい量の宿題が出されますが、3年生になると打って変わって自主性に任されます。ほとんどの人が学校の補習や予備校で勉強をするようです。この夏で伸ばして勉強の手ごたえをつかまないとこれからの成績の飛躍は難しくなってきます。夏はもう死に物狂いです。何かをつかまなければなりません。
予備校生はこの夏が終われば一気に秋が訪れて受験ムードとともに寒くなってきます。そうなれば気分はセンター試験です。これから現役生が伸びてきます。この夏も必死にやりましょう。

posted by スパブ at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校

2017年04月28日

遠足

修学旅行で今日は休みの生徒さんが多くいます。連休前のこの時期に遠足に行く学校が集中します。そしてこれが済むと試験期間に入ります。
昨日は9時まで自習している生徒がいました。今まで早く帰っていたのにこんなに遅くまで頑張っていてびっくりしました。この子たちは朝も早くに来て頑張っています。徐々にスパブにも慣れて受験の意識が高まって受験生らしくなってきたことはとても喜ばしいことです。
posted by スパブ at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校

2017年01月25日

高校で何を学ぶ

高校生の修学旅行の時期が早いと思いませんか。我々の頃は2年生の秋でした。それでも早いと思いました。今、公立高校の早いところでは1年生に修学旅行に出かけます。完全に「修学」の意味がなくなっています。全てが大学受験優先の結果、修学旅行の日程がとんでもない時期になっています。誰も異議を唱える人がいないのがとても不思議です。
高校時代に何を学んで将来それがどのように役立つのか見えない状況で、これからまた入試制度が大きく変更されようとしています。学校教育はどのような方向へ向かっているのでしょうか。受験勉強だけでなく学校での行事、文化祭、体育祭、修学旅行などのあり方が今後大きく見直されるのでしょうか。
私の場合、勉強以外の行事からどれだけ学んだかはよく分かりませんが、高校時代を思い返してみると思い出すのはほとんどが仲間と触れ合った文化祭、体育祭、修学旅行などです。勉強以外の行事のあり方をよく考える時期に来ていると思います。
posted by スパブ at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校

2016年09月07日

向陽の体育祭

今日は向陽の体育祭でした。どうなるかと思っていましたが、今日一日天気はもちました。今日のために一生懸命練習をしていた応援団の向陽生がいます。昨日も塾を休まずに来てました。その後ダンスの練習に行きました。前日まで練習だったようです。本人はやりたかったでしょうね。良かったです。
今日、最後の授業に向陽の2年生女子が体操服姿ででやってきました。疲れているようですが、やり始めると集中しています。三角関数、領域、軌跡の分野をやっています。試験勉強をやっていないので焦っているようです。こういうことをきちんきちんと2年の時にやっていかないとセンター試験で得点できないのです。定期試験の先に大学受験があります。定期試験を疎かにして大学受験の実力は培われることはありません。
予備校生は天気が悪くならないうちに今日は早く帰ってしまいました。今、現役生が自習しています。

posted by スパブ at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校

2016年02月17日

定期テストの準備

現役生は今週がテスト発表の週です。私立は来週でしょう。
いつもはクラブで遅い向陽1年の現役生は今日は早くから来て遅くまで勉強して帰っていきました。やるときは集中してやる子達です。成績はいい位置につけています。集中しないでだらだらとやっている場合は伸びないですね。
物理は学年問わず波動をやっているようです。たまたまかもしれませんが、開智の中3、向陽の1年、星林の理系3年この生徒たちは昨日、不思議と全員が波動をやっていました。波は難しいですよね。力学も難しいのですがこれで更にわからなくなって物理は断念するというパターンが多いかもしれません。物理は本来とても楽しい科目ですよ。何とか理系の人は食らいついていってください。バックアップします。
posted by スパブ at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校

2016年01月06日

冬休み課題テスト

公立高校は学校が始まりつつあります。高校によってまちまちですが早いところでは5日から始まっています。
私立は横並びで7日が多いようです。公立がバラバラで私立が横並びなのは逆のような気がしますが…。
私立は他の高校のことをことさら気にするのでしょうか?
現役生は冬休みの宿題があってその課題テストがあるようです。こういう課題をきちんとこなしてテストで良い点をとることが大学合格の早道です。これを疎かにしているところに合格はありません。
節目節目にだされる課題はきちんとこなしましょう。これが後で効いてきます。コツコツするしかないです。
スパブ生もここ数日は課題関連の勉強をしています。やっているのはなぜか数学がほとんどです。
posted by スパブ at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校

2015年05月27日

進学実績

私立は言うに及ばず、公立高校でも大変な量の課題が出されます。進学実績を上げようと必死のようです。このような傾向は桐蔭や向陽といった進学校では普通のことですが、その次の2番手、3番手校でも最近は大量の課題が出されています。
例えば、星林高校では定期試験のやり直しを徹底的にやらせています。定期試験で間違ったところを別のプリントにやるのですが、それを6回も解き直させています。これは理系の生徒の例ですが、生徒は提出があるので必死です。ふと、できたての頃の智弁学園のことを思いだしました。
これだけやらされて、まじめに取り組めば伸びると思います。勉強癖もついてくると思われます。ついていける生徒は塾も必要なく、学校の勉強だけでもそこそこの大学に進学できそうです。これだけの力の入れようですから、星林は進学実績も伸びてきているようです。これから先が楽しみです。

posted by スパブ at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校

2012年02月22日

高校訪問

今日は予備校生の進路報告のため各高校を訪問させていただいた。テスト期間中のお忙しい中、親切に対応していただきありがとうございました。これからも足しげく通って顔を覚えて頂かないといけないという実感がひしひしと湧いてきた。自分としてはだいぶ緊張もほぐれてきた。しかし初めて訪問する高校ではやはり緊張するものだ。
日頃は全く出不精な僕であるが、久しぶりのドライブであった。年に数回このような高校訪問がある。海南高校から笠田高校までの行程、市内では桐蔭高校、向陽高校、星林高校、北高校を回り、それから那賀高校、粉河高校から笠田高校の辺りに向かった。粉河高校の近くにある粉河寺は両親の出身地で、昔よく家族で出かけた思い出の場所である。この辺りは40年前から街並みはほとんど変わっていない。このような機会以外ではここまで出かけるということは今はほとんどない。両親も年老いてしまった。前回いつ彼らとこの地に訪れたのだろう。思い返しても記憶は定かではない。もう一緒に訪れることはない。少しセンチメンタルな気分にひたる訪問であった。

posted by スパブ at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校

2012年02月01日

理系離れと物理

理系離れが深刻化しているようだ。和歌山のとある公立進学校でも普通科の生徒であれば、2年時の選択で物理を履修する生徒はほとんどいないようである。1クラスで2人〜4人程度のようだ。これ以上少なくなると0になってしまうといったところまで来ている。やはりこれは理系離れであろう。
物理を学ばなくてももちろん大学には行ける。理系の大学であっても物理なしで大抵の大学は受験できる。しかし、理系の大学では入学後、物理を勉強させられる。というより物理が必要になってくる。物理は自然科学を探求するうえでなくてはならない科目であるからだ。
物理は確かに難しい面はある。先ず高校数学の基礎が必要になってくる。それゆえ高校数学が分かっていない段階では授業についていくことは難しい。理解をしていないと次には進めない科目である。ごまかしはきかないのである。
しかしこれほど体系的な学問はないと思う。他の分野が密接に絡み合っていてお互いが関連しあって物理的な現象が解明される。それも数字で説明される。こんな素晴らしい学問はない。まさにこれぞ理系科目といった感がある。それに理解が前提で丸覚えが通用しない。しかし、逆に言えば理解してしまえばこれほど楽しい科目はない。化学の無機ようにただひたすら暗記中心といった分野はない。
物理は身近な我々が日々経験している現象、運動の中に溶け込んでいる。それを意識し始めると時物理は我々のとても身近な存在になる。
posted by スパブ at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校

2011年09月13日

文化祭と体育祭

AD093_L.jpg文化祭や体育祭で高校生は楽しんでいる時期である。この時期、塾は現役生の出席率が悪くなる。学校が嫌いな生徒もこの時期ばかりは楽しんで通学できるのではないか。思い出作りに励んでほしい。今のうちに行事に専心しておいて終われば切り替えて頑張って欲しい。模試や定期試験もすぐにやってくる。また頑張ろう。
予備校生は今は折り返しといったところであろう。これから現役生も必死に勉強してくるころだ。今までのように偏差値も維持できなくなってくる。これからが頑張りどころである。今のうちに現役生と溝を開けておかないとすぐに追いつかれることになる。

posted by スパブ at 05:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校

2011年03月01日

卒業式

CU001_L.jpg今日は公立高校の卒業式である。あいにくの雨空であるが、この日限りで高校生活はピリオドである。戻りたくても、もう2度と高校生には戻れない。今日一日は後期がある生徒も卒業式の後出かける生徒が多いようである。今日ばかりは勉強のことを忘れてゆっくりと別れを惜しんでほしい。それからまた頑張ればいい。本当は何もかも決まってからの卒業式が良いのだが、後期は25日くらいまで決まらないので、これは仕方あるまい。
僕の場合は卒業式の後、普通の下校と同じように帰った記憶がある。今から思えばもう少し思い出に残る卒業式で終われば良かったと思う。高校時代の思い出は語るようなものは何もない。寂しい高校時代であった。その分大学時代は色々なことを経験したのだが…。人生折々の思い出は後の人生の肥やしとなる。しっかりと思い出はその折々で作っておかなければならない。人間の厚みが増すのだ。
posted by スパブ at 05:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校