2019年12月12日

記述式問題

高大接続テストの記述式は延期されそうです。21年の入試も今までと大差なく臨めそうです。個人的にはほっとしています。
大学入試センターは採点作業を民間に委託しました。これを請け負った業者(ベネッセ)はこれまで準備を進めてきて中止でがっかりしているはずです。中止で被る損失を国が補填するのでしょうか?新たな火種になりそうです。
センター試験の結果が発送されてくるのでさえセンター試験の数か月後なのに、記述の採点をわずか2週間ほどでそれもミスは許されません。超高精度で処理するなんて到底不可能に思われます。
民間に委託するなんて上手く考えたものです。試験を作っておきながら、採点は他人任せ。何かおかしくありませんか?教育現場から遠く離れている政治家が無責任に思いつきでものを言うからこういうことになるのです。それに意義を唱えないのも問題ですし、聞く耳を持たないのも問題です。
posted by スパブ at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2019年12月09日

合格の喜び

今日は推薦入試で合格した生徒さんの御父兄さんがあいさつに来てくれました。二人とも大喜びだったのが、印象的でした。私にとっても最高の喜びとなりました。今日はとても良い日になりました。外は寒いですが、心は少しポッとしています。
12月師走、今年最後の月です。こういう締めくくりは最高ですね。他の全員が受かって欲しいですね!
続きを読む
posted by スパブ at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2019年12月06日

推薦入試の合格発表

国立大学の推薦入試を受験していた生徒が今日報告に来てくれました。一足早い春です。今日もスパブには来てくれたのですが、さすがにもう塾は必要ないだろうということで帰ってもらいました。
向陽でも推薦入試の受験生が多いようですが、みなさん苦戦しているようです。このほかにスパブでは星林の生徒さんが推薦入試で私立大学合格しました。二人は共通してまじめな生徒さんでした。これまでまじめに頑張っていました。学校でも先生の言うことをしっかり聞いていたのでしょう。
合格して去っていくのはさびしいですが、今の予備校生・現役性が合格できるように集中していきます。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2019年12月05日

高大接続試験

来年度の共通試験に記述式問題が導入されるはずでした。それがどうも見送られそうですね。英語の民間試験導入も見送られて、今度は記述式試験の導入も見送られそうです。このままでは、またもとに戻ったということになります。これでは文部省の面子(メンツ)も丸つぶれですね。
それにしてもかなり直前になっての延期でした。色々と批判されるのは当たり前です。
でもあの「身の丈」発言がなかったらこの問題がもっと先送りされていたかもしれません。そうすればもっと混乱していたかもしれません。あの発言がきっかけで今回のような見直しになったわけですから、結果的には良かったと思います。あの発言がなければ「欠陥の多い入試」が導入されていたかもしれないのですから。
でも実際のところほとんどの受験生、教師がこれで良いと思っているはずです。受験の世界はかなり保守的です。予備校も入試制度が変わる前は生徒が激減します。
教育は良い方向に改革されて行かなければなりませんが、実行性を検討もしないで現場に丸投げでは関係者はたまったものではないです。それに対して文句を言えない体質があるのかもしれませんね。理想ばかり唱え、下に丸投げで「結局できません、やりません」では受験生も「いい加減にしてくれ!」と言いたくなるでしょう。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2019年11月16日

推薦入試の合格

おはようございます。今日は寒さも緩んで暖かい日差しが心地よいですね
現役生の推薦入試の発表があり、火曜日に合格者した生徒が報告に来てくれました。合格第1号です。これから合格発表が多くなっていきます。
最近、予備校生はセンター試験に向け演習の時間を多くとっています。これからもっと増やしていきます。今までやって来たことの復習と学んだことを点に結びつける練習です。今日も予備校生頑張っています。
posted by スパブ at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2019年11月12日

面接

今日は、夕方、推薦入試で想定される質問を考えていました。推薦入試を受験する現役の向陽生がいます。過去の質問から出題されそうな質問を早く来てもらってマンツーマンで考えました。面接のまえに自分の考えをある程度まとめておくと落ち着いて面接を受けることができます。想定問答集みたいなものですね。
予備校生にも今まで面接対策で想定される質問事項を考えたことがあります。結構これが当たるんですよ。
最近は面接も重要になってきました。こういうところでもお役に立ててうれしいです。
posted by スパブ at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2019年11月08日

推薦入試

明日推薦入試で予備校生が出陣です。早く入って欲しいと思います。
11月から12月にかけて大学の推薦入試があります。スパブでも現役生のほとんどが何らかの推薦入試を受験します。今は一般入試だけを受験する人は少ないかも知れません。
センター試験が終われば3年生は多くが辞めていきます。受験が年々早まっていくような気がします。
これから塾生が少なくなっていく時期に差し掛かってきます。辛い時期です。

posted by スパブ at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2019年11月06日

大学共通試験

みなさんおはようございます。今日もよても良い天気ですね。日頃は朝からブログを更新できることはほとんどありません。しかし、今日はベネッセのマーク模試2日目です。いつもの準備はありません。なのでこうしてのんびりスタートの1日になっています。
大学共通試験の英語が大きな問題になっています。民間試験導入が延期されるようです。延期されればまた新たな問題が出てくるようです。「これまで対策をしてきた高校は今までの努力はなんだったのだ、損だ、賠償問題だ」などというような声が上がりそうです。分からないでもないですが……。
問題はこれから国語や数学の記述問題にまで及びそうです。このままでは今回の大学入試改革が意図していたことがほとんどできなくなりそうです。
記述問題は統一的な試験には向いていません。50万人一斉に実施するには無理です。そういうことは初めから分かりきっていたことです。
記述試験の実施、形式は各大学に自由に任せればいいのです。それを一律に記述力をつけるという名目のもとでこういう試験をやってみても高校側はこれに対してあれやこれやと試験の対策をするだけです。
極端に言うと結局、日本は試験のための勉強しかしません。「出ないことをするのは損」、「出ることしかしない」そういう考えが根本にあると思います。
楽しいから長い将来、自分のためになるから勉強をするのではなく、関心ごとは目先の「良い大学に入れるかどうか」です。これではなかなか積極的に勉強に取り組む気持ちにはなりませんよね。これは日本人に特有な文化なのかなあ?韓国なんかでもそうかもしれませんね。

posted by スパブ at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2019年11月02日

入試のシーズン

今日は予備校生は昼まででした。週明けにベネッセの今年最後のマーク模試があります。今日はそれの対策を少ししました。
推薦入試も始まりつつあります。秋の深まりとともにいよいよ入試のシーズン突入ですね。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2019年10月26日

推薦入試

11月に推薦入試があります。予備校生にも現役生にも推薦入試を受験する人がいます。入試を目前にして遅くまで頑張っているようです。誰しも早くほっとしたいものですよね。
最近、生徒が合格して喜んでいる夢を見ました。まさ夢になることを祈っています。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2019年10月19日

受験

そろそろ受験も目の前に迫って来ました。国公立大一本だった受験生も滑り止めの私立を考えてみたり、私立進学を視野に入れたり、推薦入試を受験してみたりと色々と戦略を変えてきています。現実を考えての行動です。
私立はここ数年「定員超過に対する補助金削減」の問題から合格者を減らしています。今年もその傾向は変化ありません。2020年には大きな入試制度の変革があります。浪人もしたくないし私立入試も厳しいし、受験生には今年は特に厳しい環境ですが、文句を言っていても始まりません。大学に行ける機会を与えてくれた人は幸せをかみしめてください。そしてそれを許してくれた環境に感謝して必死に頑張るしかありません。
現役生も予備校生も必死に頑張りましょう。まだ時間はあります。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2019年07月19日

物理

予備校生は物理「波動」をやっています。特に干渉をしています。「波」の部分は苦手な人も多いかと思います。私もどちらかと言うと「波」が好きではありません。
物理が苦手な人は先ずは基礎をじっくり理解することです。それは簡単な問題をするという意味ではなく、じっくりと物理の根底にある原理、定理、原則を理解することです。じっくりと教科書や参考書でこれらを理解し完全に理解するまで何回も繰り返すことです。遠回りのように感じる人もいるかもしれませんが、そうすれば道が開けていきます。
何となく公式を覚えて運用しているような勉強ではすぐに行き詰まります。私も分からないことがあれば原理原則に戻って「エッセンス」や一から易しく解説されている参考書をじっくりと読むようにしています。
そうすると新しい発見があり、急に視界が開けてくることがあります。そういった瞬間が物理にはよくあります。この時が一歩上に進んだ瞬間なのです。こういう経験をしていると物理は好きになり上達していきますよ。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2019年06月13日

シンクロ

個別で数学を教えていると同じ問題を聞かれることがよくあります。みんな分からないところが同じなんですね。
毎年同じヵ所を聞かれるので予測はついています。
今日は1年生が二次関数をしているのですが、立て続けに同じ問題を質問されました。こういうことがよくあります。違うテキストをしていても同じようなところが聞かれることもあります。今日、信愛と向陽の3年生が来ていました。二人とも整数問題をやっていて同じような問題を質問されました。
整数問題については以前、数Aの課程にはなかったので私自身もあまり得意な方ではないのですが、毎日鍛えられているとスキルが上がっていきます。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2019年06月03日

受験モード

今日はマーク模試の1日目をやっています。明日も行います。今年初めての模試です。
予備校生は昨年11月以降の久しぶりの模試ではないでしょうか。さらに来月は記述模試があります。
大会が終わって向陽の3年生が今日は早くから来てくれました。これから4時〜5時の早い時間から来れるようです。クラブがなくなって寂しいようですが、受験勉強のモードに切り替えると言っていました。
posted by スパブ at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2019年05月16日

理系進学

私立高校2年生の理系生は今、予備校生がやっているようなところをやっています。2年も年下の生徒が予備校生と同じことをやっているのです。年は2年違うのですが、やっていることは同じところです。彼らはつい最近まで1年生でしたから、とても不思議な気がします。
現役生は受験まで約2年ありますが、予備校生は来年受験です。そのことを考えれば理系生は相当やらなければならないということです。
先に先にやっておくのは有利ですが、どんどん詰め込み過ぎて理解できなくなっている生徒も少なからずいるのも事実です。理系は学ぶ内容が多くて、難しいうえにどんどん進みますから、進学校でもついていけなくなって「文転」する生徒もかなりいるようです。向陽の環境科学は理系進学が前提ですが、文系に進む生徒が結構いるようです。
理系の生徒は先ずは理系科目が好きでないとついていけません。小学校の時代に理系向きかどうかを判断することはとても難しいようです。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2019年03月06日

後期試験小論文の添削

夕方、後期の小論文の勉強をしている予備校生が3人来ていました。その中の一人が前期試験に行けなかったのです。体調不良です。今、後期に向けて頑張っているのです。頑張って1年間やって来て余裕のA判定だったのに、当日どうしてもいけない病にかかってしまったのです。本当に怖いですね。
でもそうは言ってられません。起こったことはどうしようもありません。前を向いてやるしかありません。合格を信じてやるだけです。
私立大の後期試験、国公立大学の後期試験に向けて頑張っているが人まだいます。頑張りましょう。
posted by スパブ at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2019年02月26日

前期2次試験ご苦労様!

今日は暖かくて晴天、もうすぐ春ですね。日差しが力強いですね。
昨日は国公立大学の2次試験でした。受験生はご苦労さんでした。みなさん今日くらいはゆっくりしているでしょうか?
今、現役生は定期試験の真最中です。現役生も頑張っています。
昨日はさすがに自習室には誰も来ていませんでした。
後期試験も受験する人は気持ちを切らさないようにしてください。何があるか分かりません。しっかり勉強しましょう。スパブに来てくださいね。だれか来ているかもしれませんよ。
posted by スパブ at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2019年02月25日

国公立大学の前期試験

いよいよですね。国公立大学を第一志望にしてきた人はこの日が集大成ですね。実力を出し切ってください。リラックスをして普段通りにやってください。心から祈っています。
長かったようで短かい1年だったと思います。試験会場でこの1年のことが走馬灯のようによみがえってくる人もいるのかもしれません。
試験が終わった人はご苦労様です。ゆっくりしてください。今日1日は何もかも忘れて「無」になってください。
posted by スパブ at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2019年02月23日

情熱を最後まで

昨日、帰り際に黙々と一人自習している予備校生がいました。これまで国語記述の添削、英作の添削、日本史の添削と頑張ってきました。いよいよ日曜日には試験会場に旅立ちます。
最後までやる!これしかないような気がします。これはどんなことにも言えることです。燃え尽きることです。
これは何についても言えます。私は釣りが好きですが、これも人一倍努力したものが大物を仕留めることができると信じています。
人一倍多く仕掛けを投げて、工夫をして最後まであきらめないことです。私のように下手な人間こそ努力するしかないと思っています。ギターもそうです。人一倍努力してコツコツ努力して伸びていきます。途中でやらなくなると一気に成長は止まり、後退していきます。そうして人よりうまくなっていくしかないのです。たかが遊びですが、上手くなりたいという情熱が大切です。この気持ちが強いかどうか、いつまでも持ち続けられるかにかかっています。
競争して点数で序列をつけられる過酷な入試ではもっとシビアな状況で我慢し情熱を燃やし続けなければなりません。
人より上手くなりたい、勝ちたいという情熱があってこその成長です。それが成功の原動力です。
その情熱をいつまでも燃やし続けて努力する。そしてその先にしか大きな成功は見えてきません。あきらめた瞬間に終わりです。

posted by スパブ at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2019年02月19日

初めて手にする合格

勉強.jpg合格した大学というものがいままで一つもなかった場合、初めていただいた合格はものすごくうれしいものです。多くの予備校生に当てはまるかもしれません。
合格通知を手にするとすると自分が一人前の人間として認めてくれたような気になります。ただでさえうれしい合格ですが、特待生となればまたさらに嬉しいでしょうね。
昨年は受験した大学にことごとく拒否されてきたみじめな状態から今度は「授業料を割り引くから来てくれというお誘い」を受けるのですから立派なものです。大学からのラブコールです。
まだ合格通知を手にしていない人もいますのであまり私自身、はしゃぐことは差し控えます。
しかし、合格した人は合格という勲章を手にしてまたさらに飛躍してください。2次試験に向けて今日もみんな頑張っています。
posted by スパブ at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験