2020年02月25日

国公立大学2次試験始まりました。

私の兄の娘が今年、大学受験です。親が二人とも仕事を休んで泊まり込みで娘と受験の旅に行きました。
今は子供一人が泊りの必要な遠くに受験をしにいくということはほとんどなくなってきたようです。日帰りの近場でも親が付き添うようです。
今、少子化で子供はとても過保護に育てられている気がします。自分で判断して、自分で考え、行動す力は一人になったときに培われます。それが「独立」するということです。
「かわいい子には旅をさせろ」と言いますが、こんなことを言うと今は誰も聞いてくれませんね。
posted by スパブ at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2020年02月24日

受験、季節の風物

今日は祝日、お天気がとてもいいですね。お出かけ日和です。しかし高校生は定期試験真っ最中です。
現役生は朝から授業をしています。スパブでは現役生は祝日は午前中に授業をします。
いよいよ国公立大学の2次試験ですね。和歌山駅近くのホテルに受験生の親子連れと思われる方が入っていきました。ホテルの前はバス停でバスに乗って1本で試験会場に行けます。とても便利なところにあって交通は心配なし、後は試験しっかり頑張るだけですね。こんな光景が全国のあちらこちらで繰り広げられているのでしょうね。これも季節の風物ですね。
posted by スパブ at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2020年02月12日

合格報告

今日も予備校生が受験に出かけています。最近はなかなか予備校生全員が揃うことがありません。
今日は、予備校生に一人から私立大学の合格報告をしてもらいました。「どうかな?」こちらから聞くことはやめよう。言われるまで待っておいたのですが、1限目が終わり合格の報告を受けました。一安心です。
もちろんこの生徒にとって今回の合格が初めての大学合格です。初めての合格は格別、嬉しいでしょうね。本命の国公立大学がまだありますから、気を抜かないようにして欲しいです。気分よく次の試験に臨むことができますね。私もホッとしています。
現役生の方から問い合わせがあり、金曜日に体験学習があります。今度3年生です。3年生はこのかたが入塾されるとひとまず定員になります。
posted by スパブ at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2020年02月05日

あと少し

今日は少し冷えてきています。明日はもっと寒くなるようです。今、私立の試験真っ最中です。受験生は体調を壊さないようにしましょう。明日、受験のある人、頑張ってください。
予備校生は全員、国公立の出願を終えたようです。自分の受ける大学、あまり倍率が高くなければいいですね。
昨日、近大の合格発表があり、今日は合格して英語がもう必要でなくなった予備校生がいました。一人二人と予備校生は授業がなくなったり、卒業していきますが、授業の方はあと少し頑張っていきます。
予備校生の私立が決まると本人はもちろんのこと私もほっとします。「先ずはおめでとう、少しだけご苦労さん」と言ってあげたいです。まだこの先、試験のある人は「ご苦労さん」とはまだ言えません。最後まで気を抜かないで頑張りましょう。
最近は「あと少し、あと少しで終わるよ。あと少しの我慢」と授業中、何度も言ってしまいます。そう、もうそんな時期なんですよ。本当にあともう少しですよ。
posted by スパブ at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2020年02月03日

出願締め切り

今日、試験に行っていた人はご苦労さんでした。明日も試験の人が多いかも知れません。頑張ってください。
徐々に国公立大学の出願状況が気になるところです。ネットなんかで確認できます。徐々に人数が増えてきています。
出願状況を見ながら出願するところを考えている人はいるのでしょうか?その判断はかなり難しいでしょうね。どの段階で判断するのか迷うところで、最終的にどうなるか見極めるのは容易ではありません。大学でやりたいこと2次の科目、合格ラインを見て判断するしかないと思います。
出願締め切りは必着と消印有効というのがあります。よくよく注意してください。くれぐれも出し損なうことのないようにしてください。

続きを読む
posted by スパブ at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2020年01月28日

早く合格欲しいですね

今日も入試に行っている予備校生がいます。一つでも合格が決まれば落ち着きますよね。それに自信にもなりますしね。何とか早く合格を勝ち取ってください。不合格が続くとどんどん自信が喪失していきます。ひとつでもうかれば良い方に向かっていくのですが。根気よく我慢して頑張ってください。
受験生は早く、流れを変える合格が欲しいですね。
posted by スパブ at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2020年01月25日

前期試験

今日は近大の前期試験があります。スパブ生も受験に出かけています。他大学も前期試験が始まっています。センター試験が終わってまさに本格的な受験シーズン突入ですね。
推薦入試受験の方はもう昨年に進路が決まってしまっている人もいます。スパブでも2人いました。なかには推薦入試が合格でも一般試験でさらに上の大学を狙って頑張っている人もいます。受験生の中にはこういう人もかなりいるのではないでしょうか?推薦入試で進学する人は受験者のうち半数以上はいるでしょうね。
推薦入試がだめだった人または推薦入試を受験していない一般入試一本で勝負する方は焦ってきますが、自分を信じて最後まで頑張ってください。きっと良いことがありますよ!

posted by スパブ at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2020年01月18日

センター試験の始まり

今日は予備校生は休みなのですが、朝スパブに少し用があり、和歌山駅前を通ってスパブに行きました。その途中センター試験に臨むと思われる生徒が和歌山駅西口にたくさんいました。和歌山大学行きのバスを待っていました。そんななか小学生と思われる子供がうろうろしていました。中学受験なのか塾に行く途中なのか分かりませんが、朝からご苦労さんです。ここしばらく受験シーズンの到来を感じさせる光景が町のここかしこで見られますね。
関東では雪模様ですが、和歌山は天気が良くて良かったですね。
受験生は頑張って全力を出してください。
posted by スパブ at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2020年01月11日

試験前に厳重注意

インフルエンザ、ノロウイルスに注意してください。試験前にかかると大変なことになります。
昨年の受験で国公立大学の2次試験当日にノロウイルスにかかった生徒がいました。第一志望が判定がAだったのでとても残念でした。後期試験は上手くいかず私立になってしまいました。
当日連絡をいただいて、「どうしましょうか?」と言われたのですが何もできません。後期試験に臨むことしかありませんでした。思ってもみなかった後期試験、頑張りましたが、小論文はそうたやすく対策できるものでもなく上手くいきませんでした。
気をつけていてもなるときにはなりますが、受験生はくれぐれも注意してください。
posted by スパブ at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2020年01月09日

コツコツと

おはようございます。今日は昨日とは一転して穏やかなお天気になっています。春を思わせるような日差しがふりそそいでいます。
予備校生は朝一番に必ずリスニングをしてから始まります。今日はその前に週3回の単語の試験があります。
これからも毎日、同じペースでコツコツと積み上げていくことしかないです。試験前に詰め込んでも変わりません。コツコツやって来たものが勝ちます。これは人生のあらゆることに当てはまります。
ほとんどの人が志を立てても直ぐに挫折してあきらめたり、飽きたりして辞めてしまいます。決めたことを最後までやり遂げれる人はほんの一握りです。スパブの予備校生は4月からコツコツ積み上げてきてくれました。これが最後、受験の大場面できっと助けてくれることがあるはずです。
昨日、現役生の入塾説明をさせていただきました。夜遅くにお越しいただきありがとうございました。体験頑張りましょう。
センター試験を集計するための資材もベネッセから届いています。いよいよ試験本番ですね。
posted by スパブ at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2020年01月07日

合格の喜び

昨日、推薦入試で進学が決まった予備校生のお母さんがあいさつに来てくれました。とても喜ばれていて、私もついつい自分のことのように興奮してしました。こんなに喜んでいただけるなんて本当に光栄です。本当に良い一日でした。
自分が納得して進んだ進学先です。一生懸命力、人一倍努力した者だけが味わえるのが満足感、充実感、喜びです。そして心の底から自信が湧いてきます。
受験は本人が心から納得して終えることが大切です。皆さんも燃え尽きてください。
受験で学ぶことは沢山あります。合格した大学の名前よりも本人が受験を通じて何を学んだか、それが一番重要です。同じ大学でも大して努力もせずに入るのと失敗、挫折を乗り越えてつかんだ合格とは全く違います。
たとえ不幸にも思った大学に進学できなくても、それで命がとられることはないのです。それまでに精一杯やってきたのであれば、それでいいのです。一番よくないことは「しんどい全てのことから逃げてきた生活」を送ってきたことです。
新しく踏み込んだ場所でまた一生懸命努力すれば必ず満足いく人生が待っています。受験生の皆さん、もう一息、頑張りましょう。
posted by スパブ at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2019年12月31日

大みそか

今日は大みそかです。今年も恐らく365日ブログを更新したと思います。
書くこともない日も多々ありながらも何とか書いてきました。今、読んでくださっている方、本当にありがとうございます。
年始は1月4日から授業があります。予備校生、現役受験生はこの時期不安かもしれませんが、不安が寄り付かないほど集中してください。そうすればきっとうまくいきます。いままでやってきたことの復習中心にやってください。新しいことをやって不安になる必要はないと思います。時間配分の練習の必要な科目は時々時間をはかってその練習をする程度でいいと思います。今までやってきたことは必ず試験会場にもっていってください。
今年一年に色々と思いを馳せつつ、今日1日を惜しみたいと思います。それでは皆さん良いお年をお迎えください。
posted by スパブ at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2019年12月23日

受験生ファイト

受験生はこの時期が一番苦しいかも知れませんね。不安で押しつぶされそうになるかもしれませんね。
それに対する特効薬は「何もかも忘れて打ち込む」ことです。悪い考えにつけいらせないようにするには一心不乱に打ち込むことです。辛いかも知れませんが受験生はみんな同じ思いをしています。苦しいのは自分だけではないのです。疲れたらゆっくり寝て明日も頑張りましょう。
posted by スパブ at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2019年12月17日

記述式設問、見送り

大学入学共通試験での記述式試験は正式に見送られました。「見送られた」と言うわけですから、今後、復活する可能性は大いにあります。
Bは採点事業を請け負ったのですから、がっかりでしょう。しかし、大手予備校Kは喜んでいるはずです。今後、記述式が復活すると模試の中に記述式の問題を作成しなければなりませんし、その採点体制を確立しなければなりません。その対応を当面はしなくていいわけですから喜んでいるはずです。
BはKに比べて採点体制で一歩先に行っているはずです。もし、今回記述式が導入されていれば大学受験模試はBの独壇場になっていたかもしれません。何しろ国が行う検定試験の採点を請け負っているのですから。これは大きな意味を持ちます。
記述式を含む模試は採点に手間がかかりますから模試代も上がるでしょう。もし今回導入されていると大学入試の模試事業から撤退した業者がいたかもしれません。少子化と手間を考えればそれは必然でしょう。
将来、日本を背負っていく子供たちにきちんとした教育を受けさせるという理念で始まった30年ぶり教育改革。またまた振り出しに戻りましね。一体、何をしているのでしょうか?
しかし、このまま文部省が黙っているでしょうか?必ずやると言い出しますよ。
posted by スパブ at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2019年12月12日

記述式問題

高大接続テストの記述式は延期されそうです。21年の入試も今までと大差なく臨めそうです。個人的にはほっとしています。
大学入試センターは採点作業を民間に委託しました。これを請け負った業者(ベネッセ)はこれまで準備を進めてきて中止でがっかりしているはずです。中止で被る損失を国が補填するのでしょうか?新たな火種になりそうです。
センター試験の結果が発送されてくるのでさえセンター試験の数か月後なのに、記述の採点をわずか2週間ほどでそれもミスは許されません。超高精度で処理するなんて到底不可能に思われます。
民間に委託するなんて上手く考えたものです。試験を作っておきながら、採点は他人任せ。何かおかしくありませんか?教育現場から遠く離れている政治家が無責任に思いつきでものを言うからこういうことになるのです。それに意義を唱えないのも問題ですし、聞く耳を持たないのも問題です。
posted by スパブ at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2019年12月09日

合格の喜び

今日は推薦入試で合格した生徒さんの御父兄さんがあいさつに来てくれました。二人とも大喜びだったのが、印象的でした。私にとっても最高の喜びとなりました。今日はとても良い日になりました。外は寒いですが、心は少しポッとしています。
12月師走、今年最後の月です。こういう締めくくりは最高ですね。他の全員が受かって欲しいですね!
続きを読む
posted by スパブ at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2019年12月06日

推薦入試の合格発表

国立大学の推薦入試を受験していた生徒が今日報告に来てくれました。一足早い春です。今日もスパブには来てくれたのですが、さすがにもう塾は必要ないだろうということで帰ってもらいました。
向陽でも推薦入試の受験生が多いようですが、みなさん苦戦しているようです。このほかにスパブでは星林の生徒さんが推薦入試で私立大学合格しました。二人は共通してまじめな生徒さんでした。これまでまじめに頑張っていました。学校でも先生の言うことをしっかり聞いていたのでしょう。
合格して去っていくのはさびしいですが、今の予備校生・現役性が合格できるように集中していきます。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2019年12月05日

高大接続試験

来年度の共通試験に記述式問題が導入されるはずでした。それがどうも見送られそうですね。英語の民間試験導入も見送られて、今度は記述式試験の導入も見送られそうです。このままでは、またもとに戻ったということになります。これでは文部省の面子(メンツ)も丸つぶれですね。
それにしてもかなり直前になっての延期でした。色々と批判されるのは当たり前です。
でもあの「身の丈」発言がなかったらこの問題がもっと先送りされていたかもしれません。そうすればもっと混乱していたかもしれません。あの発言がきっかけで今回のような見直しになったわけですから、結果的には良かったと思います。あの発言がなければ「欠陥の多い入試」が導入されていたかもしれないのですから。
でも実際のところほとんどの受験生、教師がこれで良いと思っているはずです。受験の世界はかなり保守的です。予備校も入試制度が変わる前は生徒が激減します。
教育は良い方向に改革されて行かなければなりませんが、実行性を検討もしないで現場に丸投げでは関係者はたまったものではないです。それに対して文句を言えない体質があるのかもしれませんね。理想ばかり唱え、下に丸投げで「結局できません、やりません」では受験生も「いい加減にしてくれ!」と言いたくなるでしょう。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2019年11月16日

推薦入試の合格

おはようございます。今日は寒さも緩んで暖かい日差しが心地よいですね
現役生の推薦入試の発表があり、火曜日に合格者した生徒が報告に来てくれました。合格第1号です。これから合格発表が多くなっていきます。
最近、予備校生はセンター試験に向け演習の時間を多くとっています。これからもっと増やしていきます。今までやって来たことの復習と学んだことを点に結びつける練習です。今日も予備校生頑張っています。
posted by スパブ at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2019年11月12日

面接

今日は、夕方、推薦入試で想定される質問を考えていました。推薦入試を受験する現役の向陽生がいます。過去の質問から出題されそうな質問を早く来てもらってマンツーマンで考えました。面接のまえに自分の考えをある程度まとめておくと落ち着いて面接を受けることができます。想定問答集みたいなものですね。
予備校生にも今まで面接対策で想定される質問事項を考えたことがあります。結構これが当たるんですよ。
最近は面接も重要になってきました。こういうところでもお役に立ててうれしいです。
posted by スパブ at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験