2019年11月15日

通勤の道

私は毎朝、電車の高架下をくぐって和歌山駅の東口からスパブのある西口の方へ来ます。最近、その高架が工事のために通れません。いつもと違う経路でスパブまで行くのですが、今まで気づかなかったことがたくさんありました。
知らなかったお店や通ったことのない道も歩きました。工事中のマンションも方向によって見え方がずいぶん違います。新たな発見がたくさんあります。最初の2,3日は初めての街に引っ越して来たかのように目をキョロキョロさせて歩いていました。1週間もすれば随分慣れてきましたが、まだまだこれから色々な経験をしそうです。生活の中に新鮮な空気が入ってきたような感じです。
この工事はこの先2年続きます。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

2019年11月10日

行動範囲

休日、皆さまいかがお過ごしですか?娘が金曜日から帰省しています。今日は昼には帰っていきます。
岡山に出張があったのでそのついでに帰ってきたのです。日頃は日本全国を飛び回っています。週末、西の方に出張があるたびに帰省します(さすが九州で出張があると帰省はしませんが……)。東京に住んでいますから本来なら帰省は盆と正月くらいなのですが、比較的頻繁に帰ってきます。再来週も帰ってくるようです。二人とも出ていったので親としてはありがたいことことです。
サラリーマン時代、私は会社から出ることはほとんどなかったので出張できる人がうらやましく思ったものでした。旅行でしか訪れることのないような地方に仕事で行けるのですから旅行好きにとっては良い仕事かも知れませんね。一方、私と言えば和歌山から出ることは滅多にありません。それどころか和歌山市から出ることさえもあまりありません。何と世界が狭いことかとつくづく思います。
しかし、結婚してまだ半年なのにこんなに家を空けて大丈夫なのかと思います。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

2019年10月31日

元気な生活

随分と暗くなるのが早くなってきました。最近は現役生が来る頃には真っ暗になっています。1日は変わらず24時間なのになぜか短く感じてしまいます。
暗くなってくると徐々に家に帰らなければいけない気分になってきませんか?こんな時、人間は夜行性でないことをつくづくと感じます。朝は朝で真冬は寒くて体が動きません。布団からなかなか出れません。人間は恒温動物ですが、もともとは変温動物から進化してきたものです。寒いと動けないのはハ虫類と同じです。
そんな時でも毎日、元気に飛び起きるには体調がよくなくてはできません。規則正しい生活と栄養バランスのとれた食事が全ての基本となってきます。それから運動です。
適度に趣味を楽しんで仕事が楽しければ人生はこの上なく楽しむことができます。そんな理想に近づけるように頑張っています。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

2019年10月28日

得られるもの

今日は、天気が良くて気持ちの良い1日でした。湿度が低くて秋らしい季節でした。1年で5本の指に入るといっても言い過ぎではないほど気持の良い日でした。
昨日は久しぶりに水泳をして今日は快調です。運動をした翌日はいつも快適です。これは散歩程度の運動にはないことです。ある程度体に負荷をかけて疲れないとその後の爽快さは得られません。
苦しいことをした後で得られるものには大きな報酬が待っています。楽をして得られるものは少ないということです。若いときにできるだけ苦労をしておきましょう。後で大きな喜びが待っているはずです。
続きを読む
posted by スパブ at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

2019年10月27日

手軽な趣味

みなさんお元気ですか?秋が深まってきました。お出かけにはうってつけの季節になってきました。
釣りには半年以上行けていません。そろそろ良い季節になってきましたが、天候が悪くてはいけません。もしかするとまた、1か月先になりそうです。来月、11月が最後のチャンスかもしれません。それも雨でいけないといよいよ12月に入ります。12月の師走は混むので釣りには恐らく行きません。すると来年になります。私の釣りはこのように年間ほんの数回程度の軽いものです。
いつでも行きたいときに釣りに行けるわけではありません。スケジュールが合っても天気が悪くて行けないとストレスが溜まってきます。「また。来週行けばよい」ということにはならないのです。
近所の「磯の浦」にバイクで手軽な釣りに行っていた時代は釣りを阻むものは唯一天気でした。たとえ体調が悪くても釣りに行っていました。
今は串本まで行くのでかなり大がかりになります。色々な条件が釣りを阻みます。昔の手軽な釣りが懐かしいです。
続きを読む
posted by スパブ at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

2019年10月24日

気分転換

木曜日は予備校生が終われば早く帰るようにしています。土曜日も授業がありますので、この日は私にとって、とても貴重な気分転換になります。「この日があるからやっていける」。少し大げさですが、この日がとても励みになります。ついそこまで頑張れば休める。そう思えば頑張れるものです。精神が病むほど働き過ぎるのは良くないことです。また自営業者にとっては仕事がないのもそれと同じくらいに地獄です。
上手く気分転換を取り入れることができる状態があってこそ豊かな人生が送れるのです。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

2019年10月21日

災害

台風がこれでもかこれでもかと日本列島をかすめていきます。被災地の方は心配でやり切れませんね。ほんとに気の毒です。震災のニュースを見ていると涙が出てきます。
和歌山市は大きな山がなくて大雨になりにくい地形です。徳島の方で雨が降っていても和歌山は大したことがないということがよくあります。
しかし、これはこれまでのことで、天候に関しては、今、地球上では識外、想定外の出来事が当たり前のように起こっています。そう考えるととても緊張してきます。

posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

2019年10月20日

金木犀

金木犀(きんもくせい)の香りが漂ってくる季節になりました。みなさんいかがお過ごしですか?
1年で一番気持ちの良い季節と重なっているせいもあって一層、香りが引き立ちます。夏の終わりと冬の訪れを感じさせられるこの季節だから、どこか哀愁のこもった優しい感じの匂いですね。
今日はラグビーのワールドカップがあります。私もにわかファンの一人ですが、今日これを観ない手はありませんね。楽しみにしています。
続きを読む
posted by スパブ at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

2019年10月13日

台風

DSC_0368.JPG皆さんおはようございます。和歌山は大したことがなくて良かったですが、関東は大変なことになっています。私も娘が二人とも関東にいますし、家内の実家が東京にあり、知り合いも多くいます。山梨にも多くの親戚がいます。心痛みます。皆さんの無事をお祈りします。
そんななか先の台風で被害の大きかった千葉がそれほど大きな損害にならなくて幸いでした。
台風が過ぎていよいよ秋の空気に入れかわった感じです。衣替えをしました。いよいよ本格的な秋ですね。寒さで風邪などひかないようにしてください。
posted by スパブ at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

2019年10月12日

時間の使い方

昨日から今日は休みにしておきました。正解でした。電車が止まっていました。これでは来れません。
低気圧のせいで私は頭痛がひどくて夕方まで苦しみました。薬を飲んで夕方から復活しましたが、昼間から横になって無駄な時間を過ごしてしまいました。健康の有り難さをつくづくと実感しましたが、一方で何もやる気の起きないときは何もしないで無為な時間を過ごすのもいいかもと思いました。休む間もなくいつも何かに追われて、何かをしていないと気が済まない。これは現代人共通の特質かもしれませんね。
仕事を離れてじっくり何かを考えれる時間なんて1日のうちにどれだけありますか。ほとんどの人がそういう時間をもたずに日々の生活に流されて年をとっていくような気がします。
パスカル曰く「人間の最大の不幸はじっと物事を考える時間を持てないこと」だそうです。最近少し納得できるようになってきました。
posted by スパブ at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

2019年10月10日

真逆の変化

今日は目医者に行ってきました。早く終わって夕方から運動する時間もありました。
日赤で軽い手術を受けた後。術後の経過は町医者に診てもらうようになっています。私の場合は白内障の手術をしてほとんど見えなかった目が裸眼視力が1.0にまで回復しました。しかしその後、後発白内障という軽い症状の白内障を再発してしまいました。これはレーザーで治療します。ほんの5分ほどの治療ですみました。結果は良好、再びよく見えるようになりました。
近視から遠視に180度の転換です。これまでの人生近くしか見えなかった目が、今度は遠くは見えるのですが、近くがよく見えなくないのです。老眼というやつです。
生活は一変しましたが、今の方がはるかに生活しやすいです。何しろコンタクトを定期的に買う必要がなくなったのです。したがってコンタクトをいれたり外したりの作業がなくなったわけです。コンタクトレンズをしている人ならわかるはずです。あの煩わしい作業。おまけに経済的に大助かりです。老眼鏡は100均ショップで売っているの知ってますか?一応はこれで用が済むのです。
今までの近眼は何だったのか?本当に笑ってしまいます。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

2019年10月07日

大型台風に警戒

朝は一気に涼しくなりました。昼からは温度が上がりましたが、カラッとしていて気持の良い天気になっています。
強い台風が近づいています。予想進路では和歌山に直撃するかもしれません。心配です。
ちょうど1年前の8月の末に大きな台風が来て和歌山が停電になりました。その時は今年の千葉のようなことにはなりませんでしたが、今回は大規模停電があるかもしれません。今から少し恐怖を感じています。
今回は断水に備えてお風呂に水をためておきます。トイレが使えないと大変です。昨年の台風でラジオ付きの充電器は購入しました。少しは電灯の役割をしてくれそうです。色々と考えていると少し緊張してきます。
posted by スパブ at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

2019年09月30日

眼科

5週目で今日は休みです。眼医者に行ってきました。日赤です。目は昨年手術をしてよく見えるようになったのですが、再び見えなくなってきました。そこで町医者に紹介状を書いていただき、再び、日赤に行ってきました。
朝8時に入って何もかも終わったのが何と午後2時半、6時間半も病院にいました。丸まる1日がつぶれた感じがします。しかし目の方はレーザーの5分ほどの処置で1年前の状態に回復しました。こうなると文句も言ってられません。本当に感謝しかありません。
日常生活でそうそう人に感謝することはありませんが、お医者さんには感謝することが多いです。お医者さんは本当にすごい仕事をしています。過酷な状況で働いているお医者さんが社会問題になっていますが、こういう人々は待遇改善されて当然ですね。日赤の眼科医も超過密な状況で働いているに違いまりません。
私は今回の処置の後は再び町医者の眼科に行くことになります。正直、日赤でなくてホッとしております。行くたびに6時間では1日休まなくてはなりません。大変なことになってしまいます。
posted by スパブ at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

2019年09月23日

秋分の日

今日は祝日です。今日は何の日かご存知ですか?秋分の日でした。私は知りませんでした。何かに感謝するでもなく、祝うでもなく、何かを深く考えるでもなく。あえて言うなら去り行く夏を思い、来るべき秋に思いをはせる。私にとってはそういうところです。
9時過ぎからは風も幾分か弱まってきました。朝から現役生は頑張っています。定期試験も近くなってきました。休みですが、そうは言ってられません。頑張りましょう。
予備校生は面談の日程が決まりました。お忙しいところお時間をとっていただきありがとうございました。よろしくお願いします。
posted by スパブ at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

2019年09月22日

釣り用品

秋は釣り用品の新作が出ます。良いなあと思っていた釣り用のジャージが半額になっていました。釣り用品は大体が20%OFFですが、新作が出たら40〜50%OFFになることがあります。
新作が出たからといっても中身はほとんど変わっていない場合があります。ジャージなんかは色も黒か赤の2パターンです。ほとんど変化は分かりません。しかし、同じスポーツでもゴルフウエアはそうはいかないかもしれないですね。新商品の内容をよくよく調べてみることです。ちなみに私は旧モデルが掲載されているカタログをとっています。デザインが少しばかり変化したくらいの物を高く買う余裕はありません。所詮、釣りに来ていく服です。流行は全くとは言いませんが、ほとんど関係ありません。
釣りのジャージと言っても2万くらいするのですよ。防寒着なんかは良いものは15万くらいします。いくらでもお金をかけられますが、庶民にはそうはいきません。本当に必要なものを厳選しなくてはなりません。
私の場合には釣り用品は現行より一つ、二つ前のモデルを買うことが多いですね。新しいモデルのものを買っても結局は1,2年で新しいものが出るのは分かっています。もったいない気がするのです。機能は重視しますが、あまり変わらなければ安くなる時期に買うようにしています。
しかし、3年くらいのスパンで竿やリールは魅力的な新機能が必ず追加されますから、そうはいきません。その機能が必要か否かで旧モデルで我慢することはありますが、やはり新機能を経験してみたいと気持ちは釣り人には強いですね。

posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

2019年09月19日

健康習慣

今日は久しぶりに歩きました。走るのではなく「歩き」ですが、普段1時間余り歩きます。暑さが和らいで歩いていても快適です。「もう少し歩こうかな」という気にもなります。「食欲の秋、運動の秋」とはよく言ったものです。体も軽くなってきたような気になります。
夜遅く帰るとなかなか寝つけません。かといってお酒を毎日飲むのも良くありません。次の日、疲れが残ります。
そんな時やってみたのが足と手のつぼマッサージです。これがよく効くのです。深く眠れるのです。最近はこれをしないとよく眠れないような気がするのです。特に足のツボを刺激することは歩くのと同じ効果があるようです。
最近は就寝前に養命酒を飲んで手足のつぼマッサージをすることが習慣になっています。これが私の健康習慣の一つになっています。皆さんも、つぼマッサージしてみてはいかがですか?
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

2019年09月16日

敬老の日

今日は敬老の日です。おばあちゃん、おじいちゃんはいつも無条件に孫のことをかわいがってくれます。私にはそういう思い出があります。
「もっと祖父母に対して優しくしてあげればよかったなあ〜」なんて思うことも多々あります。特別に何かをしなくても優しい一言、声をかけてあげてください。
今日は祝日です。朝から現役生が自習に来ています。まだまだ暑いですが、頑張っています。
現役生は朝から来て午前中まで頑張っています。遠くから電車に乗って来てくれている生徒さんもいます。休みの日もみんなコツコツと努力しています。午後からはゆっくりしてください。
posted by スパブ at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

2019年09月14日

サタデイ ナイト フィーバー

私は、土曜日の昼下がりが一番好きな時間です。昼までで仕事が終わり、その後、味わえる解放感「半端ないですね」、まだ明日も休みということで明日の楽しみ、心の余裕があります。これは日曜日の夜とは対極の時間です。
昔、そう30年以上前は土曜日でも昼まで学校も仕事もありました。その意味で土曜日は半分休みでもあるし、完全な休みでもないし、とても微妙な曜日でした。しかし、休みの前でもあるし、とても気持ちが高揚する特殊な曜日でした。いまでも私にとっては土曜日はその当時と同じように感じることができる特別な曜日です。
昔、そうバブルの少し前の頃かな「サタデイ ナイト フィーバー」という言葉がはやりましたが、まさに土曜日の夜が最高に盛り上がる時間だったのです。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

2019年09月12日

眼医者

授業が終わり、眼医者に行ってきました。3時間もかかってしまい、帰ってからの運動ができませんでした。ゆっくりできませんでした。昔から私は近眼で目にはいろいろと苦労をしてきました。昨年末に目の手術をしそれまで0.01も見えなかった視力が裸眼で1.0にも回復しました。驚異の回復に人生が一変したように感じました。遠視用の眼鏡は何個か買いましたが、定期的に買っていたコンタクトは買わなく良くなりました。
しかし、最近また左目が急速に見えなくなってきました。また、日赤に行かなくてはなりません。がっかりです。
原因は分かりました。水晶体が濁っているようでレーザーでその濁りを処置をしなくてはならないようです。大したことはないのですが、早く以前のようによく見える目を取り戻したいものです。もうこれ以上、目に関して苦労はしたくありません。
今日、夜は涼しいと思いクーラーをつけずに寝ましたが、朝方4時頃までは蒸し暑かったですね。やはりこの季節、風がないと20度前半でないと寝苦しいですね。
まだまだ暑い日が続きます。みなさん体調管理に気をつけてください。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

2019年09月08日

ギターとの別れ

guiter1.jpg8月に東京に行ったときギターを売りに行きました。少し迷っていたのですが、高く売れるようだったので持って行きました。三年ほど弾いていたのですが、昨年買ったギターの方がよく弾くようになって贅沢もできないので売却することにしました。ものすごく大切に弾いていたおかげで査定は良かったので泣く泣く売却しました。
これがいつ売れるか時間があれば見ていたのですが、9月1日に売り出されて6日に売れてしまいました。嬉しさ半分、寂しさ半分でした。誰か良い人もとで大切に弾いてくれればと願っています。その一方でもう二度と手にすることはないという寂しさが今更ながら湧き出してきました。D42のあのサステインの効きまくったふくよかなサウンドは、D35(現所有)にはない魅力があります。いつまでも忘れることはないと思います。
3年間でしたが大切に弾いていたので情は移るのです。モノにも、情は移るのです。その3年間は一緒に暮らしてきたわけですから‥。
高校時代に買ったギターは私とともに誰よりも長く歩いてきた相棒です。こちらは40年近くともにしてきました。さすがにこれは売ってもいくらにもなりませんから死ぬまで私の手元にあるでしょう。私がなくなった後はこのギターは誰も使ってくれないでしょう。僕とともにこの世からなくなる運命かもしれません。
70年代にギターがフォークソングとともに爆発的に流行しました。その世代も今は50〜70歳代に差し掛かっています。この時代のギター世代はどんどん減少してきています。この世代の人が何かの理由でギターを手放すためにギターを売却します。ギターにはそれぞれの人の人生が詰まっています。その中古ギターを新たに手にする人はそこからまたギターとの人生が始まりますが、そのギターにはその人の知らない思い出が詰まっています。それを知っているのはギターだけです。
ギターを手放すのは車を手放すのとは違い、パートナーと別れるのに似た感情が伴います。できればいつまでも人生を共にしたいですね。
posted by スパブ at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活