2022年03月02日

桜開花

我が家には河津桜という種類の桜が植えてあります。この桜は開花が早くて2月の末のこの時期に花を咲かせます。まだ今は3分先といったところですが、つぼみはパンパンに膨らみ、花もちらほらつけています。
桜の開花とともに楽しみなのが小鳥の訪問です。桜の蜜を吸いに来るのです。何という鳥か知りませんが緑っぽい小型の鳥です。鶯ではないと思いますが。ほんの2週間ほどこの時期にだけやって来てくれます。花を落とすとそそくさとどっかに行ってしまいます。ほんのひと時の風情です。
桜の終わりを惜しむ歌が古代からたくさん読まれていますが、この年になってしみじみとその気持ちが分かります。

今日は私立の高校生は試験期間、受験生も後期試験の準備で来てくれています。前期試験で合格していればそれで入試は終わりなのですが、最後までよく頑張ります。私も最後まで応援していきます。
公立の高校生は試験が終わりましたが、すでに春休みの宿題をしている生徒さんもいました。春はそこまでですね。
posted by スパブ at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然

2021年08月13日

気候変動

今日は13日の金曜日です。日本列島、特に西日本では大雨が降り続いています。
広島には災害級の雨がよく降ります。私が大学の頃、広島市、福山市、東広島市と3か所に住んでいましたが、このような雨が降った記憶はありません。もちろん災害級の大雨を経験したこともありません。夏の夕方になると風が吹かず、日中は雨が降らず、瀬戸内特有の暑い夏を学生時代に経験してきました。
広島で災害級の雨を経験したことがなかったことは運が良かったのか?そういうわけではないと思います。明らかに気候変動のせいです。記憶に新しいところでも2014年、2018年、2021年と広島に災害級の大雨が降って甚大な被害がもたらされました。3〜4年に一度の災害、これだけ頻繁に起こると偶然ではありません。明らかに気候が変ってしまったようです。
心配なのはこのような災害級の大雨が毎年のように起こる時代が到来することです。そうなるとまさしく人類存亡の危機と言えるでしょう。
posted by スパブ at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然

2018年07月28日

想定外の進路

台風が近づいています。天気は日本では通例、西から東に向かって変化します。しかし、今回の台風は東から西に向かっています。まさに今までの常識が通じません。私の記憶にある限りこのような経験はありません。
世界では次々と想定外の出来事が起きる環境ができつつあるように思います。この地球に人間の力が深刻な影響を与えるまで巨大になっている証拠です。自然界には作用があれば必ず反作用があります。「地球からのしっぺ返し」です。
このような自然の変化は人間本位に自然を変えてきた人間の思い上がりを反映したものであることは間違いありません。
こういう時代だからこそ自然の中でその一部として人間が生きていく姿、あり方、役割を真剣に考えるべきですね。
高校生は生物や地理で環境問題について若干学びます。しかし、各人の受験の都合があります。選択するしないによって学習の機会がなくなる場合もあります。自分たちに直接関わるが問題です。学ばないで卒業するなんてとても残念です。

posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然