2020年03月30日

引きこもり、ギター

6087.jpg最近、音楽配信ソフトのスポティファイを利用しています。無料で利用しているので制限がありますが、懐かしい曲が手ごろに聞けます。昔の曲を聞くと懐かしの青春時代がよみがえってきます。思わず口づさんでしまいます。ギターは中学生からやっているのですが、途中、熱が冷めたりしましたが今も続けています。最近、特に弾き語りの楽譜を随分たくさん買いました。家で引きこもるにはうってつけの趣味ですね。
声を出して歌うとカラオケに行かなくてすみますし、ストレス発散になります。ギターを買えばあとはお金はかからないので安上がりの趣味です。指を細かく動かすので頭の運動にもなります。これはボケ防止にもうってつけです。歌うことも頭にとても良いようです。気持ちいですよね。
ギターは一石二鳥どころか、三鳥にも四鳥にもなります。20歳くらいから上のお子さんをお持ちの人ならギターを弾いた経験のある方もたくさんいるかと思います。昔、弾いたギターを引っ張り出して弦を張り直し手はどうですか。やったことがある人なら復活を是非お勧めします。懐かしい時代がよみがえりますよ。
posted by スパブ at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター

2018年12月18日

ハカランダ

P_20180921_213042.jpg
予備校生は今、地理でラテンアメリカを学んでいます。ブラジルは焼き畑で森林がどんどんなくなってきています。温暖化の原因にもなっているということです。貴重な森林資源を守らなくてはならないというということでブラジル政府は様々な材木を輸出禁止にしています。
ギターの材料として有名なジリアンローズウッドの丸太での輸出はすでに禁止されています。従って入手も困難になっています。現在、ハカランダで作られたギターは目ん玉が飛び出るほど高価です。
ハカランダ(ブラジリアンローズウッド)は今はほとんど入手困難ということでマダガスカルローズウッドなどの代替材に代わっています。昔は安く手に入ったのですが。

posted by スパブ at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター

2018年09月09日

ローズウッド

P_20180904_120708.jpgローズウッド(マダガスカルローズウッド、ブラジリアンローズウッド)の由来はバラのような香りのする木です。本当に芳香剤のようないい香りが木材からするのです。はじめギターの中になにか芳香剤が入っているのかと思うほどでした。それほど強烈な香りがするのです。自然には経験したことのない香りです。酔ってくるほどの良い香りがするのです。木の香りにこだわる人はローズウッドのギターをお勧めします。
森林の香りをかぐことで精神がとても癒されるといいます。ギターを弾くとその振動で木材のもっているローズの香りが空気中に放たれるです。楽器を弾きながら森林の香りを味わう。これ最高です。
いつまでも香りは続くのだろうか?ギターは古くなってくると音が良くなってきます。しかし、それにつれて木材の質も変わっていきます。そんなことを考えると香りがしなくなるのはとても寂しいことです。
posted by スパブ at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター

2018年08月29日

渋谷Gclub

東京初日です。今、渋谷の楽器店にいます。たっぷり試奏させていただきました。はじめ緊張して指が動きませんでした。1535543674979.jpg
Martinの35中心です。Comemorateve、CFMW60th、D35のカスタムモデルなど東京にしかない、それも渋谷にしかないようなモデルです。
クロサワ楽器さんは快く試奏させてくれました。感じの良い店員さんでとても仕事熱心でした。商品知識も豊富で弾いてる間ひっきりなしにお話しされていました。
買うことはなかったので本当に申し訳なかったです。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター

2017年08月29日

御茶ノ水の楽器回り

guiter1.jpg東京最後の日は家族が御茶ノ水の楽器店巡りに付き合ってくれました。3〜4時間は歩いたでしょうか!?随分と試奏をさせていただきました。フォーク時代、当時はゲームがありません。遊びと言えばギータかバイクです。そんな時代でした。今でも我々世代は余裕ができて高価なギターを購入する人が多いようです。ギター屋さんには親父は格好の「獲物」なのです。火曜日の平日で暇だったことも手伝って、親父が楽器店に入ってくると盛んに試奏を勧めてきます。弾いたことのないあこがれのギターを次々に手にしてはこちらは欲しくなってきます。それが向こうの思惑です。東京でしかできない貴重な経験をさせていただきました。
買いたい気持ちを抑えつつ経験できないようなことをできました。近くで家内の監視の目が鋭く輝いています。うかつにも店員に金額のことを尋ねるとそばからすかさず止めようと鋭い言葉が飛んできます。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター

2017年06月20日

なんでも習慣

guiter1.jpg少し曇ってきました。蒸し暑くて南の風が強くて埃っぽいですね。雨が降ってくれれば涼しくなるのでしょうか。明日は久しぶりに梅雨空になるでしょう。
リビングの椅子の隣にギターを立てかけているのですぐ手に取ることができます。朝ご飯を食べて毎日5〜10分、帰ってきては食事の後、30分〜1時間必ずギターの練習をしてしまいます。
ギターは何よりも手軽に楽しめるのがいいですね。歌をうたいながらの弾き語りなんかは気持ちいいですよ。ストレス発散できます。(さすが朝からはやりませんが(笑))
上達のコツは毎日少しでもやることですね。本当に少しずつ反復練習しています。制約がないので自分の好きなジャンルの音楽しか弾きませんが、最近は様々なジャンルに挑戦しています。ボサノバも特訓中です。世界が広がっていきます。
指先の運動は脳にとても良いような気がします。出来ないことに挑戦していくとストレスも溜まりますが、気長にゆっくりすればあまり気になりません。ゆっくりと、でも毎日する。勉強にも当てはまります。続けていくといつの間にか絶対できないと思っていたようなこともできるようになります。
posted by スパブ at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター

2016年08月21日

ギター修理

7959.jpgギター修理のために梱包しております。時間もとられました。修理は気持ちの良いものではありません。本当に面倒でした。それに今後きちんと修理されて直ってくるのか分かりません。傷がついて却ってくることもよくあります。
今回のことでいろいろと勉強になりました。楽器はネットで買わないことです。必ず触って確認することです。しかし和歌山には買えるところがありません。そうなるとやはりネット販売になるのです。こういうところが田舎の不便なところです。




posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター

2016年08月14日

ギターの音色と御茶ノ水

ギターの音色は毎日違います。本当に不思議なことです。guiter1.jpg
乾燥・保湿剤をハードケースの中に入れて保管していますが、ギターの状態はちょっとした温度や湿度に左右されるようです。毎日微妙に音色が異なります。
その他、弾く者のコンディションにも大きく左右されるようです。気分によって感受性が異なるのは当たり前です。「疲れているか、疲れていないか」演奏時に「お酒が入っているか、いないか」など大きな違いがあります。もちろん心配事があったり、うれしいことがあったりする感受性に現れてきて、音色が異なってきます。
もちろん良い気分の時は音が気持ちよく感じます。あまりお酒が入ると感受性が鈍ってきて演奏にも影響しますので深酒はよくありません。酔ってくると急に「へたくそ」になった気分に陥り、不快な気分になります。そうなるとギターは止めておいたほうが良いのです。
ギターはひとつひとつの個体も全く違う音色をもっています。もちろん個体によって当たりはずれはあります。自分のギターが「当たりかはずれか」は実はよくわかりません。なにせ他の個体を弾き比べたことがありませんから。
そして音は、ギターを弾き込んできちんと手入れするほど良くなっていきます。音が進化していくのです。
そのギターを活かすも殺すも半分は演奏者の手にかかっています。しかし、半分はその個体が生まれもった運命にかかっています。良いギターかどうかは作られた時点で半分は決まっているのです。人間と同じで出来のいい人は良いものをもって生まれてそれを伸ばせば大成します。出来が悪くても必死に努力すれば何とかものになります。
いろいろな個体を弾き比べたいと思いますが、和歌山では恐らくMartinギターを置いているところはほとんどないでしょう(というか楽器屋さんがなくなってしまった)。かつて本町を散策したとき唯一人気のD28が1台だけ置かれてあったのを覚えています。寂しいことです。僕が高校生時代はそこら中に楽器屋さんがあり、学生服を来た高校生がたむろしていました。
日本有数の楽器店が林立する御茶ノ水辺りをかつて散策したことがありますが、ここは1週間いても飽きません。ギターファンの聖地です。東京に帰省することがなくなった今、この時期になるととても懐かしい御茶ノ水です。
posted by スパブ at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター

2016年06月28日

ギターは生きている

ギターに着けた傷は手を加えなければ治りませんが、それも自然です。ほおっておきます。形あるものはいつかは色あせていきます。そして土に返っていくものです。自然の摂理にあらがっても仕方ありません。
しかし、ギターは生きています。生木はへっこんだところに熱を加えると元に戻ります。しかし塗装を痛めてしまうのでそのままにしています。
そんなギターは弾きこめば弾き込むほど音が良くなっていきます。まさに生き物です。奏者がギターを育てていくのです。何十年も前のギターが目ん玉の飛び出すような値段がついていることがあります。ギター自身はペットのように感情はないですが、そこから奏でる音には現実の世界から別世界に連れて行ってくれる魔法があります。
気持ちを高めてくれたり、緊張をとぎほぐしてくれたり、慰めてくれたり、感動させてくれたりします。無類の感情を与えてくれます。そんなギターは僕の人生のパートナーです。


posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター