2013年12月22日

記憶力の向上

年をとると誰しも記憶力が衰えてくる。僕も最近、記憶力の低下が気になっていた。そんなとき出会ったのが、「記憶力が10倍よくなる法(知的生き方文庫)」という本である。衰えてくる記憶力を記憶術がカバーしてくれるというわけでる。これはもちろん受験にも使える。特に若い人に読んでもらいたい本である。これからの生活を豊かにするのに大いに役立ちます。
先ずは自分が得意とする記憶のパターンをよく知ることが大切です。この得意なパターンを多用して記憶していけば効率よく覚えられ、いつまでも忘れないのです。
僕の場合は覚える対象をイメージに重ねて覚えてしまうというやり方です。簡単に言うとその記憶対象から自然に浮かんでくるイメージの中で記憶してしまうのです。もちろん手を使って書いたり、声を出したりして耳で覚えたりもしますが、イメージに記憶対象を結びつけるようにして覚えることが多いです。
それぞれ得意な記憶のタイプを用いて頭の中に入れてしまう。本当に効率よく覚えられていつまでも忘れません。記憶の際、このことを意識して記憶してみてください。これを実行すれば、記憶力の低下を補って余りある効果が期待できます。これは効果抜群です。
皆さんも是非記憶術を試してみてください。労力は0に等しく効果は抜群です。記憶の際、意識をするかしないかだけです。
posted by スパブ at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/82930105
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック