2011年07月22日

「好きこそものの上手なれ」

勉強は嫌だ辛いものだと決めつけていないだろうか?そういう風に考えているうちはいくらやっても大して伸びない。
「好きこそものの上手なれ」という諺がある。好きでやっている瞬間はどんどん頭に入ってくる。やらされていたり、嫌々している時、脳は少なからずそれに拒否反応を示すものだ。積極的にやることが伸びる秘訣である。
どんな科目でもやっていて楽しいと感じるようになればしめたものである。そこからは持続、努力すればどんどん成績は上がっていく。先ずは好きになるまでその科目をとことん勉強することだ。
苦手な科目があればこちらからその科目に近づいていく、好きになることである。

posted by スパブ at 05:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46833939
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック