2011年05月14日

人に教える

class001.jpgスパブには様々な生徒がいる。予備校生の中でも年長の生徒は1浪生の面倒を見ようとする者がいる。人に教えることで自分の知識が整理される。そして人の役に立ち感謝される。教えることは良いことだ。
しかし、教えるということは根気がいることだ。イライラは禁物。怒ったり怒鳴ったりは絶対にしてはいけないことだ。熱心に指導してあげるのは良いが気長に根気よく教えてあげないと教えられる側は、教えてもらいたくない気持ちになる。教えられる者の身になって教えてあげることも大切だ。それができなければ教えないことだ。
お金をもらっている人間でない限りそこまでという気持ちにもなるが、教え方一つで教えられる側のやる気が湧いてきたり、やる気をなくしたりするものである。教える側はそこのところを注意しなければならない。
posted by スパブ at 05:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45181188
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック