2011年04月23日

DVDと生の授業

スパブの現役生で友人がDVDで勉強している生徒がいる。「人がやっている授業は信じられない」とその友人が言っていたらしい。DVDを見て勉強する人間は「人間がする講義は信じられない」と思っているようだ。
大手の塾で3年生になるとDVDをみる授業になってしまうところがある。それまで実際に講義をしていたものがDVDに代わってしまうのだ。それで生徒は納得するのだ。
それでは学校の授業はどうなるのだろうか?学校の授業は人間が行う授業である。DVD信奉者は学校の授業をどう思っているのだろうか?もちろん耳をかしていないであろう。学校の授業はおそらく聞いていないであろう。
伸びる伸びないは別として人間より録音されたものを信奉する風潮はものすごいものがある。良い授業を提供する我々の努力も必要だ。頑張らなくてはならない。
posted by スパブ at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44503032
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック