2011年03月17日

プロ野球の開幕

プロ野球の開幕が近づいてきた。僕も毎年この時期は楽しみにしているが、今年は大震災のおかげで開幕が危ぶまれている。パリーグは楽天が東北を根拠地にしていることが理由で延期にしたのだろうか?もし、楽天が東北でなかったら開催していたのだろうか?
今は野球をしている場合ではないだろうというのが僕の意見だ。開催したい側の人間は「野球で勇気を与える」とか言っているが、一体こんな状況で被災者の方が野球を楽しめるだろうか?勇気を与えることなんてできるだろうか?野球なんて見る気にもならないだろう。不快にさえ思うかもしれない。
野球はもう少し状況が改善してからで良いではないか。震災した人達は生きる希望さえ持てない状況にいる人も多いのだ。
もし野球で得た収益の全部または大半を被災者に寄付するチャリティー野球というのなら話は別だ。大いにやればよい。
金本選手が言うように勇気を与えるとか言ったレベルではないことが今日本には起こっているのだ。

posted by スパブ at 10:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 社会
この記事へのコメント
こんにちは。初めての書き込みです(^。^)
あんなに先生に褒めていただいたら、照れてしまいます(*^。^*)私はとても先生に褒めていただいたような者ではないですが、それに近づけるように努力します。
 私はこれまで、武部先生をはじめたくさんの方に支えられてここまで来ることができました。
ですので、これからはちょっとでもたくさんの人に恩返しができたらなぁと思っています。なのでまた今年医学部を目指すような子がいたり、またそうでなくても、私にできることがあればいつでも言ってください(*^。^*)いつでも和歌山にいますからね(笑)お役にたてれば嬉しいです!!

ではまた書き込みします。
Posted by 宮本愛子 at 2011年03月17日 12:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43882440
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック