2011年03月14日

東北関東大震災

未曽有の大惨事!地震で世の中が大変なことになっている。人々が苦しんでいる時には自分の置かれている立場が幸せに思える。悲劇を見て自分の置かれている状況がましだと思うのだ。それは誰の心の中にも密かに持っている気持ちではないだろうか。
それはそれでいいと思う。その状況を見て自分の置かれている状況に感謝して精進に励むことは結構なことだ。
しかし、困っている隣人に対する思いやりがなくなれば、人ではない。一人ひとりできることを考えて実行しなくてはいけない。それは被災した人のために祈ることでもいい。その思いがもっと大きな行動になっていくのだ。小さいことでもいいから各人が考えて何かをしていこう。そうすれば大きな力となって被災した人たちのために大いに役立つはずだ。その気持ちは自分にもいつか返ってくる。
我々は、特に最近の日本人は自分さえよければ良いという風潮が蔓延しているように思える(自分にも言える)。この機会に人に対する思いやり、人を慈しむ心を思い出したいと思う。
posted by スパブ at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43839212
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック