2010年10月21日

「カリスマ」教師

教育の世界では「カリスマ」という語がよく登場する。大手の衛星予備校が盛んにこの言葉を用いる。「カリスマ」という語は「一般に大衆を心服させる特殊な資質・能力」を指すらしい。そして「心服」は”心から尊敬して従うこと”の意味である(日本語大辞典)。なるほど生徒達はビデオの先生を尊敬して従っているのだ。そうさせる能力がその「カリスマ」達にはあるのだ。CV196_L.jpg

派手な服装で登場し、身振りが大げさでたまにはギャグをとばす。なかにはサングラスをかけて授業をするカリスマもいる。そんな彼らには”一般に大衆を心服させる特殊な資質・能力”があるのだ。
子供達は「これはすごい授業だ!」とビデオを見て感動するのである。「カリスマ」に引き込まれていくのだ。そこには生身の人間の教育が入り込めない世界がある。
ビデオ信奉者達は教師のことを信頼していないのだ。どういう原因でそうなったか分からないが…。生徒は学校での授業は寝ているが、本番の授業は塾や予備校なのである。
posted by スパブ at 05:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41355761
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック