2010年10月05日

「私はどうして販売外交に成功したか」B秘訣

SS108_L.jpg ベドガーがセールスを通して学んだすばらしいアイデアがこの本には書かれている。我々の行動指針にするのもよし、セールスのヒントにするも良し、とにかく「目からうろこ」と言ったアイデアが書かれている。その中でいくつか面白い物を、
◆物を売る時は意識して「あなた」とか「あなたの」という言い方をする。
こういう言い方をすることで相手(お客)の立場で物を考えているということが伝わるらしい。客は自分の事を第一に考えてくれる人間を信用する。客の立場で物を考えていることが伝われば当然セールスは上手くいくだろう。もちろん口先だけではなく真剣に相手のことを考えているということが前提だが…。
◆気の聞いた言葉は入らない、聞き上手になること。
相手は自分のことを話したくて仕方ないのだ。話を真剣に聞いてくれる人間には人は好意をよせるものだ。自分の話を一方的に話すのは自己満足以外に何も得られない。基本的に人は自分の話を聞いて欲しいということを肝に銘じておけということだ。
 
posted by スパブ at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生・哲学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41116473
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック