2010年10月04日

「私はどうして販売外交に成功したか」A情熱

成功の鍵は「情熱」にある。ベドガーは選手時代に覇気がないということでチームを終われたことがある。その時、彼は監督を見返すために新しいチームでは昔の倍の情熱でプレーに打ち込んだ。それが功を奏する。新聞では彼の活躍を「気迫のベドガー」と讃えるようになる。そして彼はチームの中心選手となり収入も7倍になった。後に、保険外交の仕事で行き詰まった時にも野球選手時代と同じ情熱で危機を乗り切ろうと決心した。そしてこの時も困難を乗り越え、大きく飛躍することができた。DM004_L.jpg
「情熱」が彼の成功の原動力である。仕事でもスポーツでも何でも「情熱」というものがなければ困難にすぐ行き詰まってつぶれてしまう。逆に、初めは上手く行かなくても情熱をもって粘り強く取り組むことで道は開ける。情熱は困難を破るエネルギーである。
嫌なこと強制されることにはなかなか情熱は湧いて来ないものである。好きなことをしている時こそ情熱は湧いてくるものである。なかなか好き嫌いは言っていられないが、自分が情熱を傾けようと思うことが見つかったら、何があっても根気よく人の2倍の情熱をもって粘り強く取り組もう!そうすれば必ず上手く行く。
posted by スパブ at 05:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生・哲学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41076434
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック