2010年08月28日

心がけ

企業は人件費を抑制するためにわずかな社員以外はパートに仕事の大半を任せ、人件費を抑制する。安い時間給で酷使されるのはいつも弱い立場の若者や主婦である。それでも家計のために働かなければ飢え死にする。まだ働かせて貰えるだけ自分はましだと納得してしまう。体を壊すまで働くことになる。酷使する側の思うつぼである。
しかし企業側も生き残りに必死である。みんな競争競争で必死で生きている。一見穏やかそうな和歌山でも同じである。競争に負ければ生きていけない。生き残るためには必死に頑張るしかない。
生きる上で心がけたい事
@自分を磨き続ける。進歩が止まれば競争に負ける。常に進歩をする。
A楽観的にかまえる。悲観的になるとエネルギーは削がれてしまう。成功できない。
B積極的に行動する。外の世界に積極的に働きかけないと停滞してゆく。
C大きく考える。目標は大きくし、壁を作らない。
posted by スパブ at 05:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生・哲学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40061859
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック