2010年06月03日

悲しい実用的な趣味

長年の貧乏生活からくるのだろうか、僕は趣味まで仕事に関係するところから入ってしまう。物理的に趣味に対して純粋にお金を投資することができなかった(今もその状況は変わらないが)のでどうしても仕事でいるものを優先して投資することになってしまう。
資料作成にパソコン、モニター、ソフトを購入したり、カメラはウエブサイトの充実のために購入したり、本はホームページに関するものであったり、学習参考書であったり…。全て仕事に関わりのあるものばかりである。そこから入ってしまう。
寝る前の読書も、英語の授業のネタ探しも兼ねて学習参考書の長文読解をついつい読んでしまう。小説は読まない。生き方や成功のコツなどの哲学ものや文章の書き方などの実用的な読み物が多い。
スポーツも快適な生活を送るための必要な活動と考えている。
純粋に遊びに時間を投資することができない。悲しいことです。
僕にも夢があります。
将来大型バイクに乗って全国の歴史的名所を旅行してカメラを楽しめたらと思っている。それにはお金がいる。実現するやら?
posted by スパブ at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38645492
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック