2022年09月21日

新課程数学

新課程入試では数学Aから整数問題がなくなるようです。整数問題は私が高校生の時はほとんど出題されませんでした。教科書で扱った記憶はありません。ユークリッド互除法なんて聞いたこともありませんでした。10年ほど前にそれをやらされてから久しいですが、それもまた新課程で消えてしまいます。出たり入ったり指導者はそのたびに学びなおさなければなたないので大変です。
複素数平面もやったことがなかったので当時(20年くらい前?)、数学UBで扱われたときには苦労したのを覚えています。やがてそれもなくなりましたが、先ず、数学Cで行列の代わりに復活し、さらに今度の新課程ではまたまた共通試験で選択科目として復活するのです。
数学は出たり入ったりして色々なことができるようになりましたが、物理・化学に比べると学び直さなければならないという点で本当にめんどくさい科目です。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189835617
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック