2022年08月23日

日記の効用

私はブログの他に手書きで日記をつけています。5年間連続で書ける日記を使っています。同じ日について何があったかを5年間のタームで見ることができます。
「この時期、昨年はこんなことをしていたなあ」とか「2年前より少しやせたなあ」とか「こんな生徒さんがいたなあ」とか色々と振り返ることができます。これも日記をつけるメリットの一つです。

日記をつけるには何日も前のことを思い出さなければいけません。毎日きちんとつけていればさほど苦労はしないのですが、長い休暇の時なんかには1週間つけないことがあります。そんな時には1週間分、過去に何があったか正確に思い出すのに苦労します。そんな時は日々メモ帳に箇条書きのメモを残しておきます。それをもとに日記を書いていきます。それ以外の短い期間は日々の出来事を覚えておかなければなりません。
日記をつける作業には「覚えておく」、「思い出す」という作業が必要となってきます。これが頭の体操に良いのです。特に年を重ねるにつれて大切なトレーニングになってきます。いつまでも脳は若く保っておきたいですね。
posted by スパブ at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189768216
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック