2021年07月09日

大雨の広島

広島県の三原、広島市中区、海田町、東広島市、テレビで見る町は全て大学時代に関わっていた場所です。青春時代の思い出の詰まった場所ばかりです。ここが今、大雨で大変なことになっています。こういった災害のニュースで思い出の町の風景を目にすることはとても辛いことです。心が締め付けられる思いです。
西日本の豪雨で広島や岡山のあたりが大きな災害に見舞われたのはつい最近の話です。それほど時をおかずにまたまた災害です。かつてなかった規模でそれも頻繁に起こる災害、気候が人工的に変化させられてしてしまったに違いありません。この前の伊豆の土石流は盛り土の流出が原因の人災と言われていますが、今起こっているこの大雨による災害ももとはと言えば温暖化を中心とした人工的な自然の変化に起因している人災と思われます。今起っている多くの災害のほとんどは人間が作り出しているのかもしれません。
自分で自分の首を絞めてしまっている。投げたブーメランが自分に返ってきているそんな状況です。
話はそれますが、今流行しているコロナについても同じで、これほどまでにグローバル化して人的交流が盛んになったこの現代社会が、今回のパンデミックの一因なのかもしれませんね。
posted by スパブ at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188828399
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック