2021年07月06日

和歌山駅前のマンッション

最近大きなマンションが和歌山駅周辺につぎつぎと建ちました。高級マンションの建設と通勤・通学のしやすさから多くの人が住むようになってきました。
岩出市の郊外へと広がっていった住宅地により、和歌山市の人口減少に歯止めがかからない状態でした。しかし、和歌山駅周辺の再開発が10年ほど前から始まって、ここ数年は和歌山駅周辺も再び活気を取り戻しつつあります。
智辯の小学生が和歌山駅周辺のマンションから通学している姿が時々見られます。小学校低学年の子供を智辯まで送迎する父兄さんも和歌山駅からなら自分一人で行ってもらうのも可能なのでしょう。
智辯の小学校出身の生徒さんが初めて入塾してくれたのはここ2年程前のことです。今後、もっともっと人口流入の恩恵があればいいのですが。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188822827
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック