2020年10月15日

英文法やらなくていいの?

予備生はほぼ毎日リスニングをしています。これまでは筆記200点、リスニング50点の4:1の配点でしたが、共通試験では両方100点になります。共通試験を利用して受験をする人はリスニングが重要になってきます。現役生も学校ではリスニングをかなりやり込んでいるようです。一方、共通試験では出ないとされている英文法、この授業は今は冷遇されているようです。「出ないものはしても無駄」と思っているようです。文法が全く分からないでひたすら文章を読んでも英語は伸びません。単語をつなげて何となくわかった気持ちになっているだけかもしれません。英語のルールをある程度は知っていなければ、何となく読んでいるという状態から抜け出せません。
分からないことがあれば辞書を引いて探求する姿勢、考える姿勢は大切です。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188032056
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック