2020年03月11日

震災から9年

今日は東北の震災があった日です。もう9年が経つのですね。あの時、私は向陽高校に進路の報告に行っていました。震災の発生は向陽の受付で目にしたテレビで知りました。
日に日に詳細が分かっていく震災の実態にこれからこの世の中はどうなるんだろうと思ったものです。震災の当事者の方は大変だったと思います。今も大変だと思います。本当に気の毒です。私はこの出来事をきっかけに人生を深く考えさせられました。今もう一度、この機会に生きている意味を考えてみたいと思っています。
今、コロナウイルスが世界的な流行(パンデミック)の状態にあります。あの時と同じ、これから先行き色々なことがどうなるのかとても不安です。
しかし、あれこれ考えても仕方ありません。努力して対応できることなら全力でやればいいですが、相手はウイルスですから、なるようにしかなりません。時が解決してくれるのを待つしかありません。その時までしっかりと地に足をつけて生きるしかありませんね。
posted by スパブ at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187258074
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック