2020年01月07日

合格の喜び

昨日、推薦入試で進学が決まった予備校生のお母さんがあいさつに来てくれました。とても喜ばれていて、私もついつい自分のことのように興奮してしました。こんなに喜んでいただけるなんて本当に光栄です。本当に良い一日でした。
自分が納得して進んだ進学先です。一生懸命力、人一倍努力した者だけが味わえるのが満足感、充実感、喜びです。そして心の底から自信が湧いてきます。
受験は本人が心から納得して終えることが大切です。皆さんも燃え尽きてください。
受験で学ぶことは沢山あります。合格した大学の名前よりも本人が受験を通じて何を学んだか、それが一番重要です。同じ大学でも大して努力もせずに入るのと失敗、挫折を乗り越えてつかんだ合格とは全く違います。
たとえ不幸にも思った大学に進学できなくても、それで命がとられることはないのです。それまでに精一杯やってきたのであれば、それでいいのです。一番よくないことは「しんどい全てのことから逃げてきた生活」を送ってきたことです。
新しく踏み込んだ場所でまた一生懸命努力すれば必ず満足いく人生が待っています。受験生の皆さん、もう一息、頑張りましょう。
posted by スパブ at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187006065
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック