2019年12月05日

高大接続試験

来年度の共通試験に記述式問題が導入されるはずでした。それがどうも見送られそうですね。英語の民間試験導入も見送られて、今度は記述式試験の導入も見送られそうです。このままでは、またもとに戻ったということになります。これでは文部省の面子(メンツ)も丸つぶれですね。
それにしてもかなり直前になっての延期でした。色々と批判されるのは当たり前です。
でもあの「身の丈」発言がなかったらこの問題がもっと先送りされていたかもしれません。そうすればもっと混乱していたかもしれません。あの発言がきっかけで今回のような見直しになったわけですから、結果的には良かったと思います。あの発言がなければ「欠陥の多い入試」が導入されていたかもしれないのですから。
でも実際のところほとんどの受験生、教師がこれで良いと思っているはずです。受験の世界はかなり保守的です。予備校も入試制度が変わる前は生徒が激減します。
教育は良い方向に改革されて行かなければなりませんが、実行性を検討もしないで現場に丸投げでは関係者はたまったものではないです。それに対して文句を言えない体質があるのかもしれませんね。理想ばかり唱え、下に丸投げで「結局できません、やりません」では受験生も「いい加減にしてくれ!」と言いたくなるでしょう。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186890605
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック