2019年11月30日

釣り

20190131沖のカンゴメ.jpg5週目で今日は久しぶりに串本に釣りに行ってきました。
磯に渡るやいなや水くみバケツを海に落としてしまい。散々な目にあいました。紐をバケツにつけないでそのままバケツを海に放り投げたのです。紐を引っ張るとなんとバケツに紐がつながれていません。まったく間抜けなことです。時すでに遅し、錘がついているバケツはゆっくりと沈んでいきました。私はそれを呆然と見ているだけでした。
水を汲めないとまき餌を加工できません。釣った魚を活かしておくこともできません。周りに水はいくらでもあるのですが、それをくみ上げるバケツがなければどうしようもありません。この時点で「もう今日の釣りは終わったな」と思いました。ガックシです。
何とか渡船に連絡してバケツを借りることができましたが、こんな日は釣れることはないようです。結局、小さいグレ1匹と丸はげ1匹の釣果で釣りは終わりました。
実は今年になって1匹もまともな魚を釣っていません。家内は「またかよ」と思っているようです。色々と工夫はするのですが、まだまだドラステックな改革が必要なようです。さすがに自信もなくしそうです。今年の釣りはこれで終わりなのに……。
生徒には「1度や2度の失敗で諦めたらあかん」とは言うのですが、私の場合はもう何十回も挫折しています。いつになると春が来るのやらです。引退の2文字もちらついていますが、何とか次回は一矢を報いたいと思っています。


posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186874209
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック