2019年09月15日

チャレンジ

マラソン感動しました。日頃はあまり見ないのですが、選手が必死に頑張っている姿を見ると感動します。マラソンは特にしんどいスポーツです。誰しも少しは経験があると思います。冬になるとやらされるマラソンは私にとっては苦痛でしかありませんでした。マラソンは忍耐のスポーツです。それを極めようとするのですから尊敬に値します。
この大会で優勝した選手が1、2位の選手が東京オリンピックに選出されます。口では言い尽くせないほどの努力をしてきて選手のこの大会にかける思いは凄まじいものです。まさに彼らにとっては人生をかけた戦いです。
我々にはそのような大きな勝負をかけた大舞台というものがどれほどあるだろうか?私もこれまでの人生を振り返って一世一代の大勝負は何だったのかと考えてみると、特に思い当たりません。あえて言うならば、大学入試試験や入社試験程度のことかな。これらに落ちても何らかの代替はありましたし、多くの人が経験してきたことですから、人生一代の大勝負とはとても言えませんよね。
このような壮絶なプレッシャーのかかる中で、戦い、そして敗れ、挫折し、また立ち上がり、成長していく、華やかな影にこそ我々が本当に教訓とすべき人生があるはずです。
思い通りに行かないことや失敗や挫折は辛いことです。しかしそういう経験から目を背けていては成長はないような気がします。若いうちに色々やってみて失敗をして挫折しましょう。そして立ち上がりましょう。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186566431
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック