2019年07月25日

化学

予備校生の化学は7割終わったといった感じです。化学は「平衡」が終了しました。これと並行してこれまで無機の「典型元素」をしてきましたが、こちらも終了しつつあります。順番では、次は「遷移元素」ですが、次回9月のマーク模試を意識して有機化学を先にやろうと思っています。ここは必ず出題され配点も高いのです。
化学は理論科学においては問題中心で進めています。解説をして予習問題をしてもらいます。分からない問題をできるようになるまで解説しています。人数が少ないので一人ひとりに対応できています。授業中、分からないところは「分かりません」と聞くように言っています。物理もそうですが、個別的に対応しています。かなりきめ細かく対応しているつもりです。
無機、有機ではまずノートを作っていきます。基礎的なことを説明してまとめてから、次に問題をしながら覚えていくようにしています。いきなり問題ではなく、きっちりと基礎的なところから時間をかけてやっています。
その宿題は多いのですが、これで十分に受験に対応できる実力が日々ついていきます。「やりっぱなし」、「できるという錯覚」は禁物です。しっかり地に足をつけた勉強を心がけましょう。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186330583
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック