2019年06月24日

室町時代

日本史、予備校生は室町時代をやっています。あの足利尊氏や義満といった時代です。
この時代は現在、日本文化の原型ができた時代です。芸能では盆踊り、能や狂言がそうです。造形では建築や庭作りの原型がこの時代にあります。
生活でも肉食が徐々に行われるようになってきてそれまでの1日2回の食事も1日3回になったのはこの時代です。貨幣もかなり流通するようになります。それに伴って商業活動も活発になっていた時代です。これからはキャッシュレス時代と言われていますが、この時代から今も私たちにとってなくては貨幣はなくてはならないものです。
まったくの未知ではなく、そして社会がそれほど複雑でなく我々が何となく想像できる、つかみどころのある時代です。明治時代になると社会が複雑になってきて急に難しく感じます。
遠い遠い昔ですが、なんとなく身近に感じられる時代を図録や教科書で絵巻物、屏風、絵画を鑑賞できるなんてとてもワクワクします。
私はこの時代が一番好きなです。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186187834
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック