2019年05月15日

真剣になろう

定期試験の間最中ですが、試験に関係なく数学を先取りしている生徒がいます。環境科学の1年生です。こういうことがこれから先々の成績につながっていきます。しかし、テスト期間でも「余裕があるなあ」と感心します。
本人の希望でどんどん進んでおきます。
予備校生には毎日遅くまで一人で自習してる生徒がいます。自分のできることは全力でやっているところに感心します。彼も高校時代は大して勉強をしていなかった生徒の部類に入ります。
人それぞれ学力は違いますが、今までできていなかった人の方が余計に努力しなければなりません。そうでなければ先に行く人を追いつき追い越すことはできません。
先ずはやるように言われたことは確実にやることです。毎回テストで不合格しているようでは浪人した意味がありません。この1年は真剣になりましょう。
posted by スパブ at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | スパブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186002003
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック