2019年03月26日

旅立ち

昨日は予備校生の卒業生とお母さんが挨拶に来てくれました。明日、東京へ旅立つようです。この春は「引っ越し難民」という人々が多く出るようですが、それもなく寮への引っ越しが済んだようです。和歌山出身者のための学生寮があって家賃も安く、食事も提供されるようです。とても条件の良い引っ越し先を見つけられたようです。第一志望ではなかったのですが、合格が決まってからは色々な面でとんとん拍子に上手くが運んだようで大変満足されていました。
お子さんとの思い出をフォトブックにされていました。それを私に見せてくれました。これで最後だと言っていました。NOは11だったかな。大学入学まで11冊作っていたようです。温かい愛情がこもったフォトブックでした。小さい頃からこれまでいろいろな思い出が詰まったフォトブック、愛情のこもった家庭に育って本当に幸せですね。良い時間、思い出をありがとうございました。
これから息子を送り出す親御さん寂しいでしょうね。私も娘たちは家から出ていきました。よく分かります。こういう寂しさを味わえるのは子供が成長したから味わえるのですね。
posted by スパブ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スパブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185767327
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック