2019年01月03日

1匹、1万円

1540898303074.jpg
皆さんいかがお過ごしでしょうか?私にとっては釣りに出かけたくなる季節になってきました。
この北風が吹きすさぶ中、釣り人は磯の上に立ちます。考えられないですよね。実は磯釣りは今がシーズンなのです。何年か前に年末に釣りに出かけたがありました。平日だったので混んではいないだろうと思っていたのですが、一つの渡船で50人以上の釣り人がいました。2番船が出るほどの盛況です。この日だけで20万の売り上げです。20日出船すれば400万の収入になります。今がまさに渡船のかき入れ時なのです。12〜3月で年の半分の収入があるはずです。一方、夏場は平日は2〜5人の日も少なくありません。おまけに台風が連続でくれば1月ほとんど仕事がないというときもあります。まさに渡船は天気頼りの仕事です。
さて、この磯釣り1度釣りに行くといくらかかると思いますか?
私の場合ですが、餌代が3,000円,渡船4,000円+弁当600,ガソリン2,000円,高速代金3,000円で合計12,000円使います。何人かで行くと高速,ガソリンは割り勘になり少し安くなりますので10,000円くらいかな。1泊するとその2倍の値段がかかります。ゴルフと同じくらいですか?
私は月に1回行ければよい方なのでそれほど遣いませんが、毎週のように釣りに出かける人もいます。高速が「すさみ南」まで通じて大阪、神戸、京都から串本にやってくる人もずいぶん増えました。結構、燃費の悪い大きな車に乗ってやってくるのを目にします(ちなみに私は軽自動車です)。このほかに釣り具にひと月何万か使うのでしょう。本当に感心してしまいます。
かつて古屋というところに住んでいたころは磯ノ浦に近かったので手軽な釣りを楽しんでいました。バイクで行って餌代込みで1000円もかかりません。しかもすぐに帰って来れます。住金の敷地に釣り場があるのですが、そこに入れなくなった7年ほど前からは串本まで行くことになってしまったというわけです。
前回の釣りではイサギが2匹、イガミが1匹の釣果でした。これらはスーパーで買っても700円ほどです。磯ノ浦で釣っていた時の方がよく釣れていたような気がします。それを考えると泣けてきます。
帰ってくると腰や腕が痛いし、ウキは失くすわ、苦労の割には魚はつれないわで家内の風当たりが強くなっています。「その小さいぐれ1匹、1万円やな」と言われると本当にイヤになってきます。

posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185278054
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック