2018年12月26日

どうなるかわかりません

今年の予備校生の特徴は向陽の生徒さんが多かったことです。最近はこの傾向が続いています。現役生は桐蔭生と向陽生が若干多いですね。他に信愛、開智といったところから来ていただいております。
向陽と書きましたが、今年は環境の生徒さんが多く来てくれています。予備校生は3人も来てくれました。現役生も2人来てくれています。全体で5人も来てくれています。少人数のスパブではかなりの数です。ありがたいことです。
現役生は2,3年前からすこしずつ来てくれるようになったのですが、予備校生はいま一つでした。今年は3人来てくれてました。
年によってさまざまです。一昔前は桐蔭生が多かったのですが、今は向陽生が上回っています。今後どうなるか分かりません。ただ偏っていれば授業はやりやすいですね。しかし、様々な高校から来ていただく方が生徒さんを毎年、安定的に確保できるのです。いろいろと難しいところなのです。
来年は新年度入試前の最後の生徒が入試です。その生徒さんは浪人を避けると思われますのでこの生徒さん達が卒業する年は、予備校にとっては大変な年になるのです。恐ろしいことです。今から戦々恐々としております。


posted by スパブ at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | スパブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185267637
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック