2018年12月18日

ハカランダ

P_20180921_213042.jpg
予備校生は今、地理でラテンアメリカを学んでいます。ブラジルは焼き畑で森林がどんどんなくなってきています。温暖化の原因にもなっているということです。貴重な森林資源を守らなくてはならないというということでブラジル政府は様々な材木を輸出禁止にしています。
ギターの材料として有名なジリアンローズウッドの丸太での輸出はすでに禁止されています。従って入手も困難になっています。現在、ハカランダで作られたギターは目ん玉が飛び出るほど高価です。
ハカランダ(ブラジリアンローズウッド)は今はほとんど入手困難ということでマダガスカルローズウッドなどの代替材に代わっています。昔は安く手に入ったのですが。

posted by スパブ at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185218954
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック