2018年12月14日

地理授業の雰囲気

地理の授業でどうしても覚えて欲しい重要なものや覚えにくいものなど、そのような項目を何かと語呂合わせにしてみたり、ちょっとした物語風にしたりして覚えてもらっています。生徒はその際にメモを取ってくれたりします。笑いながら聞いてくれます。
今年のスパブ生はそういう感じなんですよ。純粋というか素朴というか気のかわいらしい子が多いです。私も恥ずかしさは若干あるのですが、真剣に役立ててくれようとする彼らの姿勢から、私が考え出した語呂をできるだけ言うようにしています。生徒が少しでも覚えてくれて点数が上がってくれればという思いからです。しかし、それを受け入れてくれる生徒の雰囲気も大切です。白けた目で寒い〜雰囲気になるのはやはり恐怖ですからねえ〜。
posted by スパブ at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | スパブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185195628
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック