2018年11月17日

記述模試の返却

記述模試が返却されました。今までのようなA判定で一杯というわけにはいきません。想定されていたことです。
問題自体が難しくなってきています。それに受験生全体の実力が上がってきているからです。
しかし、みんなB判定を中心に大いに健闘しています。なかには第一志望がA判定という人もいますが、実際には、B判定のところが現実的なところです。それもこれから必死に頑張っての話です。国公立大学は甘くありません。
しかし、まだセンター試験は始まってもいないのですから何とでもなります。そういう気持ちで頑張りましょう。ただ夢物語のようなことばかり言って日々の努力が伴っていない場合はC判定でも志望校は難しいです。
最終的には一部の受験生を除いて現実的なところを出願してきますから厳しい戦いになります。そのことを考えてセンター試験でも2次試験でもきちんと実力をつけておきましょう。
スパブ生ほとても頑張ってくれています。絶対に上手くいきますよ!これからは特に1日1日大切にしよう。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 試験
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185000570
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック