2018年10月18日

感謝の言葉

今は自習室の方も随分静かになっているようです。以前は問題になっていた時期がありましたが、話はしている時があるものの集中モードに入るとみんな静かに自習しています。それでなくてはだめです。
これからは時間もいっそう大切になってきます。私語は自分たちで自分たちの首を絞めることになります。これからも静かに集中して頑張ってください。
授業が終わると「ありがとうございました」という言葉がスパブでは普通に聞こえてきます。だれからともなく始まった言葉です。私が強制したわけではありません。生徒からしてくれるのです。
今まで生徒から「ありがとうございました」という言葉を聞いたことがなかったので今年はとても新鮮な気分です。冬場は寒いので雑巾は私が洗うのですが、それに対して今まで「ありがとうございます」という言葉を聞いた記憶はありません。「今の子はこういうことにとても鈍感なのだ」ということで納得していました。しかし、今年は「一味」違います。私が生徒の掃除を手伝うと「ありがとうございます」という言葉が返ってきます。こういうことをさっと口にできることは素晴らしいことです。「感謝の言葉を口にできる」これも財産です。特に女の子はこういう気配りができます。やっぱり女の子ですね。
こういうことをどこで習ってきたのでしょうか?こういう人々との交流はとても気持ちの良いものです。感謝しております!
posted by スパブ at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | スパブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184708824
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック