2018年08月04日

貴重な時間・チャンス

昨日、私語についての記事を載せました。
悪いことは言いません。「やるときはやる」この原則を踏み外したらどんどん道から外れていきます。やるべき時にやるべきことをしておかないとさらにつらい試練がやってきますよ。小学生は小学生に、高校生には高校生に、大学生には大学生に、そして30代の人間にも、その時、その時にしておかなければならないことがあるのです。人間はいくつになってもその段階段階に今与えられた課題があるのです。人はこうして成長していくのです。これをそっちのけに他のことにかまけているとどんどん窮地に追い込まれていくのです。今この時間を大切にしてそれこそ死に物狂いで来年の受験に備えましょう。
考えてください!今は何をするべき時間なのかを。
息抜き結構です。息抜きをするときは息抜きをする。やるときはやる。そういうメリハリをつけましょう。しかし、自習室での私語は本人にとっては息抜きであっても他人には大きなストレスになります。そしてこのことは取りも直さず他人の貴重な時間を奪っているのです。このことだけはしっかり肝に銘じておいてください。
予備校生は言えば分かってくれるはずです。後日、諭すように話をさせていただきます。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予備校
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184098275
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック