2018年08月05日

現文

午前中、明日の授業でする現文を一通り読んでおきました。評論は読んでもなかなか内容を完全に把握できるような簡単な文章ではないので授業前に必ず時間をかけて精読しなければなりません。そして設問では細かいところまで聞かれるのでどこに何を書いてあるのかまで事細かにチェックしておかなければならないのです。
月曜日は朝からゴミ捨てがあります。これですでに汗だくになり、それから日記をつけてから授業の準備に取り掛かります。このころになってようやく一番早い生徒がやってきます。
月曜日は時間が足りません。前もってある程度やっておくことで随分楽になります。
焦る気持ちで準備をするのは精神的によくありません。イライラして来てはかどりません。勉強も同じ、ゆったりとした気持ちでないと集中できません。
特に現文の評論では一気に内容を頭に入れて、選択肢を読んで想定される質問もシュミレーションしておかなければなりません。それに先立ち解説用の資料は作成しておりますが、実はこれには解答、問題作成を含めて5時間くらいかかっています。もちろん1回きりの使用ではありませんけれど。
問題を解いても難しすぎたり、あまり実力のつきそうでない問題は解いても採用しません。問題採用の段階から時間をとられます。問題を解く時間は寝る前の読書の時間を充てていますが、この読書がすぐに眠気を誘うのです。
posted by スパブ at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184098098
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック