2018年06月29日

マーク模試から学ぶ

蒸し暑い日が続いています。昨日マーク模試の結果が帰ってきました。予備校生はとても頑張っています。
月曜日に一人ひとりに結果を手渡しします。人数が少ないのでひとりひとり面談をしながら渡します。皆の日ごろの健闘を称えてあげたいと思います。
全員、現役の時より例外なく伸びているようです。校内の順位には大いにこだわって切磋琢磨してほしいのですが、順位をつければ1位からベクまでどうしても並んでしまいます。しかし、順位の低かった人が努力していなかったというわけではないのですから、大いに胸を張ったら良いのです。
どれだけ伸びたかが重要です。さらに伸びてなくても努力をしたことの方がもっと重要です。今度は自分の番だと思って頑張ればいいのです。
いけないことは慢心、そしてやる気をなくすことです。模試を受けてやる気が沸いてくるようでなくてはなりません。中学生課程とは違い大学受験はやった分だけ点数に返ってくるというようなことはありません。努力をして報われないことの方が多いのがこの世の中です。報われなくても目標に向けて努力する姿勢を身に着けれれば、人生を上手く乗り越えていけるはずです。浪人生活で勉強を通して学ぶものはたくさんあります。その一つ一つを予備校生に身につけれるようにみんなと頑張っていきます。模試を持って帰ってきたら褒めれるところは思いっきり褒めてあげてください。
posted by スパブ at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 試験
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183671467
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック