2017年12月21日

笑顔で

昨日は私立高校生の体験学習がありました。英語をしました。学校から出ている課題の英文解釈をしました。普段の予習では単語を調べて読み進めていくようなのですが、今一つ何を書いているか分からないようです。ゆっくりと英文解釈を進めていきました。何が書いてあるか分かれば楽しいはずです。もう一度学校で詳しい解説があるのでそこでふたたび確認・復習ができます。繰り返し、繰り返し学べば英語は必ず伸びていきます。嫌がらずに頑張りましょう。
個別授業で特に重要なのは生徒とうまくコミュニケーションがとれるかどうかです。生徒と教師の相性もあります。これはなかなか努力では埋められないものです。
学生の教師は年が近い分コミュニケーションがスムーズにいくかもしれませんが、ついついなれ合いになってしまいます。
ゆるくもなくきつくもなくきちんと指導していけるようにするのがプロの指導です。あまりギャップを感じさせないように気をつけていますが、どんどん離れていく年齢差は埋めようがありません。
生徒とコミュニケーションについてこうすべきであるという王道はないですが、笑顔で接することが一番大切だと思います。
posted by スパブ at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習塾
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181901517
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック