2017年09月27日

準備

私がする準備というものは当日の準備ともっと先から将来に向けて備える準備があります。朝、毎日スパブに行って行う毎朝の準備はその日だけの短期の準備です。ここで新しくテキストを作成したりといったような時間のかかることやどれだけ時間がかかるか分からないようなことはしません。
その日すること全てをシナリオ立てて頭に入れてしまうことです。いわば短期記憶のようなものです。その日の問題やテキストを見ておいて解法の流れや説明の振興を頭の中でシュミレーションしておくのです。問題をその場で読んでいると時間がとられますし、急ぐと思いがけないところで計算ミスやつまずいてしまうことがあります。
完全とはいきませんが、時間の許す限り完全を目指さなくてはいけないと思っています。前の日から準備をしているのは前にも書いた通りです。
何も自慢することでもないですが、生徒には折に触れてそんなことを話します。生徒も同じように準備が必要だからです。
私自身、準備をしないで授業に臨むと余計なプレッシャーがかかります。準備をしないで臨む授業は楽しくありませんし、生徒に申し訳ない気持ちになります。様々な負の気持ちが湧いてきます。こういう状態で授業を続けていると精神的に良くありません。第一、生徒に迷惑をかけることになります。
生徒も積極的な気持ちで授業に臨めないときは準備をしていないからです。そんな時、休みたい気持ちが湧いてきます。予習、テストの準備、これらは生徒がやっておくべき準備です。
生徒と教師がお互い準備をきっちりとして同じ時間、同じ空間でお互いがお互いの役割を演じる。こうやってお互いの成長があるのです。
体調を整えて遊びも少し我慢し、やるべきことをやったうえで日々を送ることがどれほど充実しているか、それを実感できるようになっていくことが大人になっていくことだと思います。
posted by スパブ at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生・哲学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181118872
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック