2017年09月15日

コツコツする習慣

今日は朝から模擬試験をやっています。マーク模試です。今日の2科目めの数学TAの時間ほとんどの人が、試験の前まで数学の公式を確認するなどしていました。少しでも点を取ろうとする姿勢です。こういう気持ちを常に持っておく、習慣にすることで運が向いてきます。試験の時にきっと「神さま」が味方をしてくれますよ。
必死にやることが「ダサイ」、カッコ悪いというような風潮があります。シャカリキに努力しないでサラットやってのけるのがカッコよいと思うのはなにも若者に限ったことではありません。
しかし、人が見て感動するようなプレーを見せてくれるサッカー選手、野球選手、その他のスポーツ選手にしろ、心の奥底から感動を湧きたててくれる演奏家、芸術家などの一流といわれる人は例外なく人一番の努力をしてきた人ばかりです。
「天才肌」が注目されますが、天才はほんの一握りの人のものです。我々、凡人に必要なのは人一倍努力をやる続ける気持ち習慣ではないでしょうか。
「努力に勝る天才なし」ということわざにあるように自分の持たない天才性をうらやむよりも、努力を称賛し努力を大切にする教育も必要ではないでしょうか。そういう姿勢を教えていきたいと思っています。
posted by スパブ at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181003647
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック