2017年08月15日

終戦記念日

今日は終戦記念日です。この日だけは平和について考えなければいけません。テレビをつけると戦争に関する番組をしているのはNHKだけです。戦争について考えさせられます。平和がなんて貴重なものなのか、戦争は絶対いけないものであることがいまさらながら気づかせてくれるのがこのような戦争についてのドキュメンタリー番組です。
この日にいつもやっていた「火垂るの墓」。何度見ても泣いてしまいました。最近はあまり見ませんが、毎年のようにやっていました。今年はどこかでやっていたのでしょうか?
もう30年もすると戦争体験を語れる人はなくなってしまいます。こうやって悲惨な個々の記憶は一人一人の記憶から遠ざかっていきます。それが平和というものを軽視する方向に流れていくのです。学校でも戦争のことを話すことはないでしょう。戦争について触れるのは修学旅行で沖縄に行ったときくらいです。今では戦争を身近に感じるのは北朝鮮が挑発行為をするときくらいです。
平和な時代が当たり前ではないということは忘れないようにしなくてはならないですね。

posted by スパブ at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180675386
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック