2017年02月03日

さまざまな変化の兆し

今、中国では春節です。多くの中国人が春節の時期に日本へ押し寄せるようになっています。春節は日本には関係がないと言えなくなりました。一昔前なら遠いお国の正月といった意味しかもたなかったことが日本でも無視できないことになりました。
最近、和歌山でも多くの中国人を見かけます。特に和歌山城はすごいです。昨年は塾を終えて帰るとき歩いているたくさんの中国人と出会いました。和歌山駅の周辺は中国人だらけでした。大げさではなく、ここが本当に和歌山なのかという感じさえしました。しかし、今年は中国人をほとんど見かけません。このさま変わりは異常なほどです。とても不思議なことです。どうしたことでしょうか?
聞くところによると昨年は空海の関係(生誕〜年のような)で中国人が高野山に多く訪れたようですが、それも終わり、今年は和歌山は見向きもされなくなったようです。風向きがすっかり変わってしまったようです。
これからの時期、我々の日常生活にも大きな変化が訪れようとしています。まだまだ春は遠いですが、日本も2月になって、春の兆しが少しずつ見えてきました。確実に季節的な変化が訪れようとしています。大学入学、そして4月になればまた新たな出会いがあり、ガラッと環境が変化します。今は嵐の前の静けさといったところです。
posted by スパブ at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178634047
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック