2016年02月07日

納得いく勉強法が一番

最近入塾してくれた2年生が2人います。同じ高校で一人は理系、もう一人は文系です。どちらも数学を見ていますが、スパブでの勉強の進め方に大きな違いがあります。
理系の方はスパブのテキストを使ってこちらから与える形です。入試問題に取り組んでいます。基礎・弱点の克服です。できないところは類題練習でできるようにして次に進んで行く形をとっています。目下この方法で受験準備を行っています。
もう一人は文系生でチャートや学校の課題を自分でやってきて分からないところを質問するという形で進めています。分からないところを準備している場合はこちらの方が効率は良いです。
二人とも目標は同じ受験です。受験の数学を伸ばしたいということでスパブに来てくれました。
もちろんどちらのやり方が優れているということはありません。本人が一番納得いく方法が結局一番伸びるやり方なのです。お仕着せではなく自分にやりたいやり方があればそれを進めていくのが良いです。スパブではそれに対応してやっていきます。
しかし、勉強のやり方が分からない、何を質問していいか分からないという人はスパブが引っ張っていくことになります。色々と相談してください。
posted by スパブ at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/173308183
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック