2016年05月05日

西村由紀江

西村由紀江さんをご存知でしょうか?
ピアノ曲、特に日本のピアニストのCDはよく聞きます。その中でも西村由紀江さんは別格です。はじめ聞いたときは結構衝撃でした。
村松健と並んで僕の大好きなピアニストです。彼女の演奏をyou tubeで久しぶりに見て感動しました。「明日を信じて」を聞いたのですが感動で思わず涙が出そうになりました。僕はクラッシク、ジャズ、ロック、J−ポップなど様々な音楽を聴きますが、僕の音楽の原点はやはり西村さんの作るような音楽にあるような気がしています。
感性が僕にぴったりです。音楽をするために生まれてきたような人です。その豊かな才能がオーバーラップして彼女の外見もとても魅力的に見せます。もう今は50歳になりましたが、本当に魅力的な女性です(ちなみに彼女は独身です。そのせいで彼女の音楽に一層の純潔性を感じてしまいます)。
やはり芸術に関するものは才能がなければだめですね。いくら頑張ってても趣味の範疇からは抜け出すことはできません。つくづくそう思います。それに比べれば、人の作った音楽を奏でるだけ、僕のギターは子供のお遊びです。
アマゾンで「耳をすまして」、「ビオトープ」注文しました。楽しみです。


posted by スパブ at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/171393490
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック