2015年09月09日

「何でも屋」

「5年前にやっていたことを考えてごらん。それが今の姿を映しているのです」ふと本で読んだ一節を思い出しました。今きちんと準備をしておかないと5年後の変化についていけません。
5年後には今までにない大きな大学入試改革が待っています。学習塾に求められるものも大きく変っていきます。入試では人物重視の試験も多く導入されそうです。したがって小論文や面接といった選考方法で入試が行われることが多くなります。さらに理科や数学、社会、英語、国語力を見る課題解決型の総合問題が重視されるようです。こういうことを考えると今までの塾のあり方も大きく変っていくことは必然です。
スパブのように一人で色々な科目を指導していると色々と批判めいたことも言われますが、今後は様々な事柄について精通していないと不利になっていくような時代が来ます。何かに特化することもよいことかもしれませんが、色々な科目をできるということも大きな武器となる時代が必ずやってくると信じています。今までやってきたことが将来、報われればといいと切に願っております。「何でも屋」と言われても、自分の信じる道を固く生きていこうと思っています。
posted by スパブ at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 商売・経済
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/163081447
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック