2015年05月27日

進学実績

私立は言うに及ばず、公立高校でも大変な量の課題が出されます。進学実績を上げようと必死のようです。このような傾向は桐蔭や向陽といった進学校では普通のことですが、その次の2番手、3番手校でも最近は大量の課題が出されています。
例えば、星林高校では定期試験のやり直しを徹底的にやらせています。定期試験で間違ったところを別のプリントにやるのですが、それを6回も解き直させています。これは理系の生徒の例ですが、生徒は提出があるので必死です。ふと、できたての頃の智弁学園のことを思いだしました。
これだけやらされて、まじめに取り組めば伸びると思います。勉強癖もついてくると思われます。ついていける生徒は塾も必要なく、学校の勉強だけでもそこそこの大学に進学できそうです。これだけの力の入れようですから、星林は進学実績も伸びてきているようです。これから先が楽しみです。

posted by スパブ at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/134776277
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック