2015年03月11日

震災への思い

震災当時、3月11日は卒業生の報告で向陽高校にお邪魔していました。ちょうど震災が起きた直後で、受付では職員の方が震災の映像にくぎ付けになっていました。
「大変なことが起こった!日本はどうなるのだろう」そう思いました。和歌山にも津波の警報が流れていました。当時、川向こうに住んでいた私は、紀ノ川大橋を恐る恐る帰ったのを覚えています。その後、被害が深刻であることが次々と判明してきました。テレビ番組も数日は震災関連ニュース一色。浮かれている気分は世間には一切ありませんでした。まさに未曽有の大震災でした。
あれから丸4年が過ぎました。報道もこの時期だけ震災を取り上げ、その時間も年を追うごとに少なくなっていきます。我々の記憶からあの日の出来事が遠のいていくのが身をもって感じられます。
しかし、当事者は一生深い傷と悲しみに包まれて生きていかなければなりません。「あの当時のことは3月のこの時期にだけ思い出す」というようなことは彼らにはないのです。癒えていくことはあるかもしれませんが、一生続く苦しみです。
人は苦しいこと辛いことを忘れることができるからこそ前に向かって歩いていけるものです。でも忘れてはいけないものもあります。今でも苦しんでいる人がたくさんいるということ様々な問題が今も解決されずに残っていることです。復興の進展はうれしいことですが、当時の震災の光景がテレビで映し出されているのを見てはこみ上げてきます。
せめてこの時期だけでも震災で苦しんでいる人の立場に身を置きたいと思います。そして自分がこうして生きているということにも思いが及びます。
posted by スパブ at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/115005388
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック